こんにちは京子です♪

本日は桜の名所をご案内します。

どちらかと言いますと・・・

千本釈迦堂

千本釈迦堂です

正式名称は大報恩寺と言います。

本尊に釈迦如来を祀っている事から千本釈迦堂と呼ばれているんですね。


そして、境内には有名な桜が咲いています。

それが・・・

阿亀桜

本堂前に咲く『阿亀桜(おかめざくら)』です

風になびく枝垂れ桜は

見ているだけで穏やかな気持ちになりますね~


ちなみに、この桜の名前は

ある女性の名前にちなんで付けられたものです。

おかめさん

それが、千本釈迦堂の本堂を建てた

大工の棟梁・高次の奥さんである『おかめ』さんなんです

境内には、巨大なおかめ像まであります。


本堂:京都最古の建造物

本堂は京都最古の建造物だそうで、1227年に釈迦念仏道場として開かれたのが始まりです。


そして、おかめにまつわる

悲しいエピソードが残るお寺なんですね。

その理由というのが・・・


本堂の『柱』なんです。

高次は着工にあたり、重大なミスをおかしてしまいます。


なんと・・・4本しかない大切な親柱(おやばしら)の中の1本を

短く切ってしまうんですね


比較的早めに開花する阿亀桜

阿亀桜は京都でも比較的早めに開花する桜だそうです。


途方に暮れる高次。

棟梁としては失格と言ってもいいでしょう。

しかし、そんな彼を救ったのが奥さんの『おかめ』さん。

旦那にあるアドバイスをします。


「他の3本の柱も同じ大きさに切り揃えて、足りない分は枡組(ますぐみ)を載せて高さを補えばいいのよ

枡組

真ん中に立つ柱の上(親柱)に枡組を載せてあります。これは斗(ます)と肘木(ひじき)を組み合わせたものです。

境内の桜

境内にはこの他にも桜が植えられています。


機転を利かせたおかめによる発想により

本堂は無事に完成し、人々から絶賛されたのです。

まさしく怪我の功名と言えるでしょう


しかし、誉められれば誉められる程

・・・おかめは自分を責めてしまいます。

おかめと阿亀桜

「妻(女)が助言した事が世間に知れると・・夫の名に傷がついてしまう

ならばいっその事この身を亡き者に…」

と、なんと自殺をしてしまったんですね。


今の時代では、なかなか考えられない事ですよね


ソメイヨシノ

参道にはソメイヨシノも咲いていました。

今が見ごろの桜

千本釈迦堂はちょうど今が見ごろですよ~っ。


夫の高次は

自分が全てを白状しなかった事から

妻を自殺に追いやってしまった事を悔やみ

結局、弟子たちに全てを打ち明けたのです。


このエピソードが全国の大工に伝わり

上棟式(建物の土台を建てた際に行われる神事)の際には

以後の工事の無事を願い、御幣におかめの面が添えられたのです。

この風習は現在でも残っているそうですよ


そんな夫思いの妻『おかめ』と見事な『阿亀桜』が見れる

千本釈迦堂の場所はコチラ↓

大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口