こんにちは京子です!

今回ご紹介する神社は・・・

梨木神社 鳥居と山吹

梨木神社(なしのきじんじゃ)です。

現在『一の鳥居』前には素敵な山吹(やまぶき)が咲いていますよ~


梨木神社

梨木神社は京都御所のすぐ東側に建つ神社で

幕末の公卿である

三條実萬(さねつむ)・実美(さねとみ)親子が

祀られています。

親子揃って合祀される事は全国的にも珍しいそうですよ。


梨木神社 石碑

彼らは幕末から明治維新にかけて

皇室の中興に尽力した公卿として知られています


簡単に言うと、2人とも尊皇攘夷派の公卿で

実萬は日米修好通商条約について

幕府と対立し『安政の大獄』で処分を受けた人物です。

※安政の大獄は、幕府の老中『井伊直弼』が行った尊皇攘夷派を弾圧する政策です。


息子の実美も、父親の意思を受け継いだ攘夷派であり

彼も同じく幕府と対立します。

明治維新後は

率先して海外に飛び出し、西洋文化を日本に持ち帰り

西洋と肩を並べる国作りに尽力したんですね

明治の元勲としても知られ

維新後は内閣総理大臣も兼任しています。

※三条実美については妙法院門跡の記事をご覧下さい。


そもそも梨木神社の建っている場所は

かつて公家たちの参道になっていたそうです。

御苑にはもちろん公卿達の家があったんですね。


さて、お話を梨木神社に戻しまして・・・

梨木神社の山吹

現在、綺麗に山吹の花が咲いています

日本の伝統色である『山吹色』の語源に

なっている花であり

黄色と茶色を混ぜ合わせたような、独特の色をしています。

バラ科の花であり

英語ではjapanese roseとも書きます。

高さは2メートルほどで

枝は根元から枝分かれし、茎は細く柔らかいです。


風に吹かれ枝が揺れる様子から『山吹』という漢字が

宛てられたそうですよ。

春の季語を表すお花でもあるんですね♪


梨木神社 染井の井戸

さて、鳥居をくぐり参道を進んで行きますと

京都三名水のひとつである『染井の井戸』が見えて来ます。

※ちなみに三名水の残る2つは醒ヶ井(さめがい)、県井(あがたい)です。


梨木神社 愛の木

すぐ近くには『愛の木』が植えられています。

葉を見ていただければわかりますが

・・・かわいいハートの形をしていますよね

いつしか葉の形から愛の木と呼ばれるようになったそうです。

木をなでながら願い事をすると叶うと言われています。


梨木神社 神門

そして、奥に進むと神門が見えて来ます。

中に入ると

舞殿や本殿が直線上に並んでいます


梨木神社 舞殿

こちらが舞殿になります。


梨木神社 拝殿

拝殿、そして奥に本殿があります。

冒頭で山吹のお話をしましたけれど

梨木神社は『萩』も大変有名で、境内には500株もの

萩が咲いています。

毎年9月には『萩まつり』も行われているんですよ♪


梨木神社 絵馬

絵馬にもこのように萩が描かれています。


梨木神社 湯川秀樹 歌碑

この萩を愛した事で知られるのが

日本で最初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹です

参道には彼の歌碑もありました。

「千年の 昔の園もかくやありし 木の下かげに 乱れ咲く萩」

という歌を残しています。

彼は梨木神社『萩の会』の初代会長だったそうですよ♪


そんな

梨木神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り