メモ2016-02-25
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その164

本日は京都検定対策問題をお届けします。

実力試しに挑戦してみてくださいね~♪

では、早速1問目です。


【問題】

曲水の庭(きょくすいのにわ)

松尾大社(まつのおたいしゃ)の「ひなまつり」で、境内の曲水の庭(きょくすいのにわ)で行われるのは何か。


ア.ひと雛(びな)

イ.雛流し(ひなながし)

ウ.流しビナ

エ.ももの法会


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

流しビナ

ウ.流しビナ


松尾大社の『ひなまつり』では
舞殿での神事に加えて曲水の庭で
子供達の成長や幸福を祈願し
『流しビナ』が行われるんですよ


流しビナは、平安時代

貴族の女性らが行っていた

人形(ひとがた)に穢れを移して川に流す

『ひいなあそび(人形遊び)』

由来しているそうです


ちなみに曲水の庭は、昭和の作庭家である

重森三玲(しげもりみれい)が

手がけたお庭として知られています

※ひなまつりについて詳しくは、ひなまつり 2013(松尾大社)の記事をご覧下さい。


続いて2問目です。

【問題】

相国寺(しょうこくじ)の山外塔頭は、金閣寺(鹿苑寺)と銀閣寺(慈照寺)の他にあと1つはどこか。


ア.真如寺(しんにょじ)

イ.瑞春院(ずいしゅんいん)

ウ.大光明寺(だいこうみょうじ)

エ.長得院(ちょうとくいん)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

真如寺の法堂「大雄殿(だいおうでん)」

ア.真如寺


真如寺は、相国寺の3つある山外塔頭の1つで

鎌倉時代の1286年(弘安9年)に

無外如大尼(むがいにょだいに)が

師である無学祖元(むがくそげん)の

塔所(たっしょ)として創建した

正脈庵(しょうみゃくあん)が始まりと伝わっています


その後、夢窓疎石(むそうそせき)が
無学を勧請開山(かんじょうかいざん)
自分自身は2世となってお寺の名前を真如寺
改めたといわているんですね


西湖図(せいこず)

西湖図(せいこず)


境内の客殿には京都画壇の

『原在中(はらざいちゅう)』による

襖絵(ふすまえ)が残されています


3問目にいってみましょう。

【問題】

真田幸村(さなだゆきむら)の念持仏である地蔵尊

戦国武将の真田幸村(さなだゆきむら)の念持仏である地蔵尊が祀られているのはどこか。


ア.圓徳院(えんとくいん)

イ.金地院(こんちいん)

ウ.高松神明神社(たかまつしんめいじんじゃ)

エ.両足院(りょうそくいん)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

高松神明神社

ウ.高松神明神社


高松神明神社は、通称

『神明さん(しんめいさん)』とも

呼ばれている神社で、平安時代中ごろ

源高明(みなもとのたかあきら)の

御殿の造営にあたって鎮守社とされました


平安時代末期、この場所にあった高松内裏は

後白河天皇(ごしらかわてんのう:第77代天皇)が

即位した場所で、1156年(保元元年)に起こった

崇徳上皇(すとくじょうこう:第75代天皇)との戦い

保元の乱(ほうげんのらん)の舞台にもなります


そんな場所に建つ高松神明神社境内には
真田幸村の念持仏と伝わる
地蔵尊が安置されているんですね


地蔵尊

地蔵堂の土台部分


『幸村の知恵の地蔵尊』とも呼ばれ

地蔵堂の土台部分になっている石をさすり

その手で子供の頭をなでると

知恵を授かるといわれています


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

立本寺本堂

立本寺(りゅうほんじ)の墓地には、石田三成(いしだみつなり)の家臣(  )のお墓がある事で知られている。(  )の中に入る人物は誰か。


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

島左近(しまさこん)(島 清興(しまきよおき))


立本寺は、日蓮(にちれん)の孫弟子にあたる

日像(にちぞう)が開山した日蓮宗の寺院で

妙顕寺(みょうけんじ)

妙覚寺(みょうかくじ)と立本寺

龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)』

呼ばれています


そんな立本寺の境内墓地には
石田三成の家臣であった
島左近(しまさこん)のお墓が
あるんですね

※正式名称は島 清興(しまきよおき)なんですけれど、島左近で統一します。


島左近のお墓

島左近のお墓


三成は当時、4万石の大名だったんですけれど

その石高の半分である2万石で

左近を召抱えた事は有名な話です


三成は頭脳明晰ですけれど

合戦下手だったということもあり

その弱点を補う為に合戦上手の

左近を破格の石高で

召抱えたといわれているんですね


「三成に過ぎたるものが2つある
島の左近に佐和山の城」
という歌からも左近がいかに
優れた武将であったかがわかります。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?