メモ2016-02-17
テーマ:お寺
関連:南禅寺 その1 / 南禅寺 大寧軒 / 南禅寺 その2 / 慈氏院 / 

天授庵

今回ご紹介するのは

京都市左京区の南禅寺(なんぜんじ)境内にある


天授庵(てんじゅあん)です!


天授庵(てんじゅあん)です!


天授庵は、臨済宗南禅寺の

塔頭(たっちゅう)の1つで

境内にある三門の南に位置しています


1339年(暦応2年)に光厳天皇
(こうごんてんのう:北朝初代)の
勅許(ちょっきょ:天皇の許可)によって
虎関師錬(こかんしれん)が南禅寺を開いた
大明国師(だいみょうこくし)
無関普門(むかんふもん)の
塔所(たっしょ)として創建しました。

※塔所というのは高僧の死後、その遺骨や遺灰等を納めて、お祀りする墓所の事を言います。


天授庵と書かれています

天授庵と書かれています。


その後、戦国時代に一時荒廃したそうですけれど

1602年(慶長7年)、武将であり歌人でもある

細川幽斎(ほそかわゆうさい)が

細川家の菩提寺として再興したんですね


それでは早速、中に入っていきましょう


天授庵の三門

天授庵の三門


こちらの山門をくぐって中に入ると

目の前には、庫裏(くり)があります


庫裏というのは、お坊さん達が
食事の用意等をするのに
用いられる場所の事ですよ~


庫裏(くり)

庫裏(くり)


そして、その庫裏から方丈の方へと移動すると

大明国師木像や細川家の歴代位牌が

安置されていました


また、方丈内には江戸時代の天才絵師
長谷川等伯(はせがわとうはく)が
描いたとされる
『商山四皓図(しょうざんしこうず)』や
『禅宗祖師図(ぜんしゅうそしず)』
『松鶴図(しょうかくず)』の複製が
飾ってありましたよ~


方丈に掛けられている「天授庵」と書かれた額

方丈に掛けられている「天授庵」と書かれた額


方丈内は写真撮影が禁止となっていましたので

看板を撮った写真でイメージを膨らませて下さい♪


禅宗祖師図(ぜんしゅうそしず)の一場面「懶瓚煨芋図(らんさんわいうず)」

禅宗祖師図(ぜんしゅうそしず)の一場面「懶瓚煨芋図(らんさんわいうず)」。皇帝の使者の前で、鼻水や涙をぬぐわず芋を食べている様子。


ここで長谷川等伯についても少しご紹介しますと・・・


長谷川等伯は、現在の石川県七尾市である

能登国七尾(のとのくにななお)出身の

桃山時代を代表する絵師で

33歳を過ぎた頃、養父母の死をきっかけに

息子である久蔵(きゅうぞう)と共に

上洛したといわれています


京都で絵を売り歩いて
生計を立てていた等伯は
当時、主流であった
100年以上の歴史ある
『狩野派(かのうは)』に
強烈なライバル心を
抱いていたんですね~


ちなみにその時の狩野派のトップは

天才絵師として天下に知られた

『狩野永徳(かのうえいとく)』です!


永徳は、宮中のお公家さんや

時の権力者であった織田信長(おだのぶなが)

そして、豊臣秀吉(とよとみひでよし)に

大変気に入られていた人物でもあるんですね


対して等伯はと言いますと

北陸の石川県七尾から出てきて

コツコツ頑張ってはいましたけれど

まだまだ大きな仕事など

任せてもらえる存在ではありませんでした


と、言いますのも、いつの時代もそうですけれど

実力だけでは、なかなか大きな仕事は

任せてもらえないというものです


一言で言うならばコネ、人脈
後ろ盾が無いとダメという事ですよね


では、そんな等伯がどうやって

桃山時代を代表する絵師にまで

上りつめたのか気になりませんか?


そこで先程の後ろ盾が重要になってきます!


等伯は当時、狩野派とは
あまり親しくなかった
千利休(せんのりきゅう)と
親しくしていたといわれています


利休は、等伯の実力を十分に知っていましたから

ある時、大徳寺(だいとくじ)の三門

金毛閣(きんもうかく)を寄進する際に

その装飾画を等伯に依頼するんですね~


大徳寺の三門、金毛閣(きんもうかく)

大徳寺の三門、金毛閣(きんもうかく)


それまで大徳寺の装飾画は
狩野派が牛耳っていましたから
これはもうものすごい事でした


ついに等伯に巡ってきた大役です!


等伯はこの時、天井画と柱絵を手がけ
大徳寺三門の天井画を描いた絵師として
『京都に等伯あり!』と
知らしめたというワケなんですね~!


その後、徐々に寺院等の

障壁画を手がけるようになっていき

永徳が亡くなった事をきっかけに

さらに大きな仕事が入り

豊臣秀吉の子、鶴松(つるまつ)の菩提寺である

『祥雲寺(しょううんじ)』の襖絵を描くと

秀吉に大変気に入られて、名実ともに

時代を代表する絵師へと成長していきました


100年以上続く名門狩野派に

たった一代で肩を並べた等伯!

そこには並々ならぬ努力があった事でしょう


と、話がやけに長くなってしまいましたけれど

引き続き天授庵を紹介しますね


こちらは、方丈前の東庭で
苔の中に敷石(しきいし)を鉤型鱗敷
(かぎがたうろこじき)にした
石畳が特徴的な枯山水庭園の
『淵黙庭(えんもくてい)』です。


淵黙庭(えんもくてい)

淵黙庭(えんもくてい)


この直線的な構成は

茶人や作庭家として知られる

小堀遠州(こぼりえんしゅう)の

発案といわれているんですよ~


鉤型鱗敷の石畳

鉤型鱗敷の石畳


そしてこちらは

方丈からさらに奥に進んで行くと


方丈庭園から書院庭園へと続く道

方丈庭園から書院庭園へと続く道


大書院があります


大書院

大書院


また、書院の南側には
南北朝時代に作庭されたとされる
池を中心とする池泉回遊式庭園
『澄心庭(ちょうしんてい)』が
あるんですね~


書院南側の池泉回遊式庭園、澄心庭(ちょうしんてい)

書院南側の池泉回遊式庭園、澄心庭(ちょうしんてい)


澄心庭

澄心庭


そして、こちらは細川幽斎好みの茶室跡に

造られた松関席です


松関席

松関席


利休が残した唯一の茶室で現存最古

妙喜庵(みょうきあん)の『待庵(たいあん)』

写しといわれています


という事で今回は

南禅寺の塔頭寺院である

天授庵をご紹介しました!


澄心庭に配置された手水鉢

澄心庭に配置された手水鉢


天授庵は、紅葉の名所でもありますので

秋の紅葉シーズンに訪れるのも

いいかと思います


そんな天授庵の場所はコチラ↓

最寄の交通案内

 京都市営地下鉄 東西線 蹴上駅(けあげえき)

1 ■無題

ストーリーテラーですね。ほんと参考になります。
観光ガイドが本業なんじゃないかと見間違うばかりの才能ですね。

江戸っ子太郎さん 2016-06-06 08:58:14


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口