メモ2016-02-12
テーマ:カフェ・スイーツ

俵屋吉富(雲龍)

今回ご紹介するのは

京都市上京区にある俵屋吉富(たわらやよしとみ)の


雲龍(うんりゅう)


雲龍(うんりゅう)です!


俵屋吉富は、江戸時代の
1755年(宝暦5年)
雑穀商を営んでいた俵屋惣兵衛が
『澤屋播磨御菓子司』に奉公し
お店を継いだ事に始まる
創業250年以上続く老舗和菓子屋です!


俵屋吉富

俵屋吉富


1845年(弘化2年)には

御室御所(おむろごしょ)から

優秀である事が認められ名誉号である

播磨大掾(はりまだいじょう)を受領し

また、『澤屋播磨一房』の名を

賜ったそうです

※大掾とは、律令制度が崩壊した後、職人や芸能人等に与えられた名誉号の事。国名が付いた名を名のる事が許されました。


そして、1924年(大正13年)に跡を継いだ
7代目である石原留次郎が
屋号を『俵屋吉富』と改称したんですね


雑穀商であった時代の名残が残された俵屋吉富の俵の紋。

雑穀商であった時代の名残が残された俵屋吉富の俵の紋。


今回は、その俵屋吉富の代表銘菓である

雲龍をご紹介しますよ~


復刻版 京名菓 雲龍の箱。

復刻版 京名菓 雲龍の箱。


雲龍は、1920年(大正7年)に
俵屋吉富7代目の石原留次郎が
臨済宗の相国寺(しょうこくじ)にある
狩野洞春(かのうどうしゅん)が描いた
『雲龍図(うんりゅうず)』に魅せられ
長年に渡り構想を練って
雲に乗る龍のたくましさ、勇ましさを
表現したものといわれています

相国寺法堂の天井龍である、狩野光信(かのうみつのぶ)が描いた蟠龍図(ばんりゅうず)ではありません。


ちなみに『雲龍』という名は

石原留次郎が師と仰いだ相国寺の住職

『山崎大耕(やまざきたいこう)』

名付けたそうですよ


1951年(昭和26年)に

戦後初めて京都大丸百貨店で開かれた

京菓子博覧会では、雲龍が大好評を博したそうで

市長賞を受けたというんですね~


本店の雲龍の陳列

本店の雲龍の陳列


さて、その雲龍を実際に食べてみると・・・


「の」の字に巻かれた雲龍

「の」の字に巻かれた雲龍


外側の村雨餡(むらさめあん)の
ホロホロとした食感と
内側の小倉餡(おぐらあん)の
しっとりとした食感が面白く
甘さ控えめで、とっても美味しいんです!!
見た目以上に食べ応えもあるんですよ~♪


ちなみに雲龍は、実は2種類ありまして

今回頂いているのは、直営店限定の

『復刻版 京名菓 雲龍』

その他のお店では、通常の雲龍になります。


復刻版の雲龍は、昭和末期までの製法を
再現して作られているそうで
丹波大納言小豆を使った小倉餡と
雲に見立てた村雨餡を
手巻きにしたものなんですね


一方、復刻版ではない通常の雲龍は

丹波大納言小豆ではなく

北海道産小豆が使われているそうです。


最後に烏丸店に隣接される京菓子資料館

『龍宝館(りゅうほうかん)』をご紹介します


京菓子資料館「龍宝館(りゅうほうかん)」

京菓子資料館「龍宝館(りゅうほうかん)」


龍宝館では、俵屋吉富に代々伝わる
お菓子作りの資料等を
見る事が出来るんですね~


1階に裏千家好みのお茶室

『祥雲軒(しょううんけん)』があって

和菓子を頂く事が出来る他

2階に展示室、そして3階には

弥勒菩薩(みろくぼさつ)を安置する

御堂『菓仙堂』があるんですよ


祥雲軒(しょううんけん)

祥雲軒(しょううんけん)


俵屋吉富のお菓子に関する資料だけでなく

飴細工で作られたとは思えない

数々の展示品があるので一見の価値ありです


祥雲軒で頂いた雲龍

祥雲軒で頂いた雲龍


という事で今回は、俵屋吉富の代表銘菓である

雲龍をご紹介しました


京都御所(きょうとごしょ)や

相国寺の近くですので、お近くを訪れた際には

足を運ばれてみてはいかがでしょうか


俵屋吉富の場所はコチラ↓