メモ2015-11-25
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その139

本日は京都検定対策問題をお届けします。

実力試しに挑戦してみてくださいね~♪

では、早速1問目です。


【問題】

萬福寺

萬福寺(まんぷくじ)の天王殿(てんのうでん)には、弥勒菩薩の化身とされる金色の像が安置されているが、その像は何か。


ア.恵比寿像(えびすぞう)

イ.大黒天像(だいこくてんぞう)

ウ.弁財天像(べんざいてんぞう)

エ.布袋像(ほていぞう)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

萬福寺の布袋像

エ.布袋像


萬福寺は、宇治市にある

日本三禅宗の1つ

黄檗宗(おうばくしゅう)の寺院で

明の隠元隆琦(いんげんりゅうき)が

開いたといわれています


ちなみに隠元隆琦は

日本に隠元豆(いんげんまめ)を

伝えた事でも知られていますよね


そんな隠元隆琦が開いた
萬福寺の天王殿には
1663年(寛文3年)に造立された
弥勒菩薩の化身とされる布袋像が
安置されているんですね~


この布袋像は、明の仏師である

范道生(はんどうせい)の

手によるものなんだそうですよ


続いて2問目です。


【問題】

金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺(きんかくじ)の池泉回遊式庭園は国の特別史跡・特別名勝に指定されているが、池の名前を何というか。


ア.鏡湖池(きょうこち)

イ.鏡容池(きょうようち)

ウ.錦鏡池(きんきょうち)

エ.曹源池(そうげんち)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

ア.鏡湖池


金閣寺は、正式名称を

鹿苑寺(ろくおんじ)という

臨済宗(りんざいしゅう)のお寺で

室町幕府第3代将軍である

足利義満(あしかがよしみつ)の

北山殿(きたやまでん)を

彼の死後、禅寺に改めたものなんですね


そんな金閣寺の庭園は
鏡湖池を中心とする
池泉回遊式庭園で
国の特別史跡・特別名勝に
指定されています


ちなみに金閣寺『金閣』

正式名称を『舎利殿(しゃりでん)』といって

三層からなる楼閣で鏡湖池に浮かぶように

南向きに建てられています


3問目にいってみましょう。


【問題】

清荒神(きよしこうじん)

通称「清荒神(きよしこうじん)」と呼ばれる寺院は、次のうちのどれか。


ア.護浄院(ごじょういん)

イ.欣浄寺(ごんじょうじ)

ウ.浄光寺(じょうこうじ)

エ.浄禅寺(じょうぜんじ)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

護浄院

ア.護浄院


護浄院は、室町時代に後小松天皇

(ごこまつてんのう:第100代天皇)の勅願で

清三宝大荒神(きよしさんぽうだいこうじん )を

大阪から京都の地に勧請してお祀りした事が

始まりとされています


そんな護浄院は通称
清荒神と呼ばれているんですけれど
これは、清三宝大荒神が初め
箕面市(みのおし)の清にあった
荒神だったからなんですね!


清三宝大荒神は、光仁天皇

(こうにんてんのう:第49代天皇)の

皇子である開成親王

(かいじょうしんのう)が仏門に入り

修行中に現れた荒神に感銘を受けて

その姿を彫ったものなんだそうですよ


ちなみにこの辺りの地名である
『荒神口(こうじんぐち)』とは
護浄院の清三宝大荒神から
取られたものです


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

通称「畳寺(たたみでら)」とも呼ばれる上京区にある寺院はどこか。


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

清浄華院

清浄華院(しょうじょうけいん)


清浄華院は、860年(貞観2年)に

清和天皇(せいわてんのう・第56代)の勅願によって

慈覚大師(じがくだいし)円仁(えんにん)が

宮中に禁裏内道場として建てたのが始まりです


清浄華院は通称、畳寺と

呼ばれる事があるんですけれど

それは、清浄華院の檀家であった

全国畳産業振興会の役員の方が

京たたみの見学に来られる全国の職人に

たくさんの畳が敷き詰められている

清浄華院を紹介していくうちに

そのように呼ばれるようになったんですね


そんな清浄華院では
毎年4月29日に畳供養という法要を
行っているんですよ


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?