メモ2015-10-10
テーマ:カフェ・スイーツ

文の助茶屋(甘酒)

今回ご紹介するのは

京都市東山区の下河原(しもがわら)にある

文の助茶屋(ぶんのすけちゃや)の


甘酒(あまざけ)


甘酒(あまざけ)です!


文の助茶屋は

明治末期の1910年(明治43年)に

上方落語の2代目

桂文之助(かつらぶんのすけ)が

高座(こうざ)を退いた後

創業を始めた老舗甘酒茶屋なんですね

※高座とは、寄席等で芸人が芸を演じる舞台の事。


お多福に『名物ぎおん あまざけ 文の助茶屋』

お多福に『名物ぎおん あまざけ 文の助茶屋』と書かれています。


芸能人がプロデュースしたお店は
今では世の中に普通にあると思いますけれど
芸能人プロデュースのお店の一番最初は
この2代目桂文之助が開いた
文の助茶屋なんだそうですよ~♪


お店の入り口に吊るされた提灯

お店の入り口に吊るされた提灯


文の助茶屋は

もともとは高台寺(こうだいじ)門前にある

塔頭寺院、圓徳院(えんとくいん)の

三面大黒天(さんめんだいこくてん)の

茶所(ちゃどころ)にあったそうで

そこから現在の場所に移ってきたんですね~


圓徳院

圓徳院(えんとくいん)の枯山水庭園


ちなみに三面大黒天とは
『大黒天』『毘沙門天』『弁財天』
の3つの顔を持つ仏様の事で
天下人である豊臣秀吉(とよとみひでよし)が
念持仏として毎日拝んでいた事から
秀吉の出世守本尊ともいわれています

※念持仏とは、個人が礼拝やお守りの為に持っている仏像の事。


圓徳院の三面大黒天

圓徳院の三面大黒天


現在の文の助茶屋のある場所は

清水寺(きよみずでら)界隈という

京都でも屈指の観光客で賑わっている

がやがやした場所にあるんですけれど

お店の中に一歩入れば

雑踏と一線を画す落ち着いた雰囲気で

風情ある趣を楽しむ事が出来るんですよ~


文の助茶屋本店

文の助茶屋本店。お店の後ろに八坂の塔(やさかのとう)があります。


そんな文の助茶屋が
創業以来守り続けているのが
昔ながらの製法で砂糖は一切使わずに
米麹(こめこうじ)の自然な甘みのみで
作られた甘酒なんです


早速、お店の看板商品である

甘酒を頼んでみました~


甘酒と蓋の上の生姜

甘酒と蓋の上の生姜


甘酒の蓋の上に添えられた生姜を

お箸でかき混ぜて頂きます!


甘酒を実際に飲んでみると・・・


文の助茶屋の名物の甘酒

文の助茶屋の名物の甘酒


砂糖を使っていないのに
ほのかに甘い
今までに飲んだ甘酒とは
明らかに違いましたよ~


ちなみに甘酒は

江戸時代には、冷たく冷やして

夏にも飲まれていたようで

お店には温かい甘酒の他に

冷たいものもありました


文の助茶屋の店内の様子

文の助茶屋の店内の様子。お多福がいっぱいありました♪


という事で今回は

京都の老舗甘酒茶屋である

文の助茶屋をご紹介しました!


お近くを訪れた際には

是非ともお立ち寄り下さいね~♪


文の助茶屋本店の場所はコチラ↓