メモ2015-09-07
テーマ:カフェ・スイーツ

総本家いなりや(きつね煎餅)

今回ご紹介するのは

京都市伏見区の深草(ふかくさ)にある

きつね煎餅の元祖といわれる総本家いなりやの


きつね煎餅(きつねせんべい)


きつね煎餅(きつねせんべい)です!


いなりやは
1918年(大正7年)から
岐阜市内で大垣煎餅を作り売っていた
初代の郷 龍蔵が昭和の初め頃に
伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)に
参拝した際、稲荷山の美しさと
参拝客で賑わう参道に心引かれて今の場所に
お店を構えたのが始まりなんだそうです


総本家いなりやの看板


伏見稲荷大社を訪れた事がある方は

目にした事があるかと思いますけれど

門前のお店が建ち並び参拝客で賑わっている

あの場所の一角にお店があるんですね


総本家いなりや

総本家いなりや


お店を構えた当時は
伏見稲荷大社のお土産らしいものが
少なかった事から
岐阜で作っていた赤味噌の煎餅を
京都らしく白味噌に変えて
誕生したのが、きつね煎餅なんだそうです


そして、総本家いなりやのきつね煎餅は

当然、伏見稲荷大社の名物菓子として

広く知られています


伏見稲荷神社

伏見稲荷神社


ちなみに伏見稲荷大社の神使は

皆さんご存知の『狐』ですよね♪


伏見稲荷大社の狛狐

伏見稲荷神社の狛狐


当然、いなり煎餅も

狐の形をしているというワケです


こちらがいなり煎餅です。


きつね煎餅の包装

きつね煎餅の包装


狐の顔を立体的に表現し
まるで狐のお面のようになっています!


小さな子供なら

お面として遊んだり出来るくらいの

大きさなんですよ


いなり煎餅

いなり煎餅


原材料を見ると

小麦粉、砂糖、白味噌、胡麻(ごま)と書かれ

余分な添加物等は一切入っていないみたいです


この材料を水で練って
キツネの面の型で1枚1枚
丁寧に手で焼いているんですね~♪


出来上がったばかりのいなり煎餅は

こんがりと香ばしい香りがしますよ


さて、そんなきつね煎餅を食べてみると・・・


昔なつかしの素朴な味がして
とっても美味しいんです!
また、意外に厚みがあって
食べ応えのあるお煎餅と
なっているんですね


伏見稲荷大社を訪れた際には

お土産にいなり煎餅はいかがでしょうか♪


ちなみに営業時間は8時半~17時半で
毎月1日と祝日を除く金曜日が定休日と
なっているようですので
訪れる際には注意して下さいね


きつね煎餅の元祖といわれる

総本家いなりやの場所はコチラ↓



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口