メモ2015-08-30
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その110

本日は京都検定対策問題をお届けします。

実力試しに挑戦してみてくださいね~♪

では、早速1問目です。


【問題】

橘氏の氏神として、奈良時代に創建された梅の名所として知られるのはどこか。


ア.梅宮大社(うめみやたいしゃ)

イ.北野天満宮(きたのてんまんぐう)

ウ.下鴨神社(しもがもじんじゃ)

エ.城南宮(じょうなんぐう)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

梅宮大社

ア.梅宮大社


梅宮大社は、奈良時代に

橘諸兄(たちばなのもろえ)の母である

県犬養橘美千代

(あがたのいぬかいのたちばなみちよ)が

橘氏の氏神として

現在の京都府綴喜郡井手町付近

(つづきぐんいでちょう)に

創建したのが始まりといわれています


そして平安時代になって

橘氏の末裔である橘嘉智子

(たちばなのかちこ・後の檀林皇后)が

現在地である洛西(梅津地区)に

移したんだそうですよ


そんな梅宮大社じゃ
梅の名所としても知られていて
境内には約550本の梅が
植えられているんですね~


続いて2問目です。


【問題】

山科地蔵

京の六地蔵めぐりの1つに数えられる山科地蔵を安置するのはどこか。


ア.源光寺(げんこうじ)

イ.浄禅寺(じょうぜんじ)

ウ.大善寺(だいぜんじ)

エ.徳林庵(とくりんあん)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

徳林庵(とくりんあん)

エ.徳林庵


徳林庵は、室町時代の天文年間(1532~1555年)に

南禅寺(なんぜんじ)の260世住職である

雲英正怡(うんえいしょうい)が

仁明天皇(にんみょうてんのう:第54代天皇)の

第四皇子である人康親王(さねやすしんのう)の

隠棲した故地に親王の菩提を弔う為

創建したのが始まりといわれています


境内の地蔵堂には
『京の六地蔵めぐり』の1つに数えられる
山科地蔵(やましなじぞう:四ノ宮地蔵)が
安置されているんですね


ちなみに『京の六地蔵めぐり』とは

平安時代に小野篁(おののたかむら)が

彫った6体のお地蔵さんを安置する

お寺を巡る習慣の事で

毎年8月22日~23日に行われているんですよ

※京の六地蔵めぐりについて詳しくは、京の六地蔵めぐり 2015の記事をご覧下さい。


3問目にいってみましょう。


【問題】

法然(ほうねん)が六時礼讃(ろくじらいさん)を行っていた草庵を起源とする左京区の寺院はどこか。


ア.安楽寺(あんらくじ)

イ.金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

ウ.知恩院(ちおんいん)

エ.法然院(ほうねんいん)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

法然院

エ.法然院


法然院は

浄土宗の開祖である法然が弟子達と共に

朝、夜6時になったら阿弥陀仏を礼拝する

六時礼賛(ろくじらいさん)を行っていた草庵を

起源とする寺院といわれています


本堂には、ご本尊である阿弥陀如来坐像と

法然上人の木像が安置されているんですね


ちなみに法然の弟子の中には
後に浄土真宗(じょうどしんしゅう)を開く
親鸞(しんらん)がいたりするんですよ


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

八大神社の八朔祭

毎年8月31日に八大神社(はちだいじんじゃ)で行われる八朔祭で奉納される踊りは何か。


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

八朔祭お千度・鉄扇音頭奉納

鉄扇音頭(てっせんおんど)


毎年8月31日に八大神社では

五穀豊穣と天災除けを祈願する

八朔祭お千度が行われていて

鉄扇音頭を奉納するんですね


この鉄扇音頭は
江戸中期から始まったとされる
一乗寺に伝わる踊りで
京都市無形民俗文化財の指定を
受けているんですよ


名前の由来は

400年程前にこの地に住んでいた

『鉄扇』という僧侶が

伝えた事によるそうです


ちなみに『八朔』とは

八月朔日を略したもので

旧暦の8月1日(現在の9月1日前後)の

事なんですね


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?