メモ2015-08-02
テーマ:神社
関連:秋季例大祭 2013(朝代神社) / 

朝代神社

今回ご紹介するのは

京都府舞鶴市の西舞鶴(にしまいづる)にある


朝代神社


朝代神社(あさしろじんじゃ)です!


朝代神社は社伝によれば

672年(天武天皇元年)9月3日に

淡路国(あわじのくに:現在の淡路島)の

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)より

国生みの神で知られる

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を

田辺郷に勧請して創建され

その後、この場所に遷ってきたんだそうです


社殿の説明書


丹後田辺府志(たんごたなべふし)には
朝代神社の『朝代大明神』とは
日之少宮(ひのわかみや)の事と書かれており
この日之少宮というのは
伊弉諾尊の事なんですね


江戸時代には、この辺り一帯の

産土神(うぶすながみ)として崇められ

また、『あさしろさん』とも呼ばれ

親しまれていたそうです


その後、1732年(享保17年)の大火によって

社殿は焼失してしまったそうですけれど

1739年(元文4年)に再建されました


1928年(昭和3年)には、府社に昇格し
『朝の参りは朝代さまよ』や
『日毎夜毎の朝代参り』等
民謡にも謡われたんですね~


それでは早速、中に入っていきましょう


一の鳥居

一の鳥居


こちらの大きな一の鳥居をくぐって

階段を上り二の鳥居をくぐり

左に伸びる長い参道を道なりに進んでいきます


参道

参道


突き当たりまで行くと

隣接する円隆寺の境内とぶつかります。


そこを右に曲がって階段を上り


参道2


広く開けた場所に社殿があるんですね♪


こちらは拝殿です。


拝殿

拝殿


拝殿の後ろには本殿があり

本殿は、舞鶴市指定文化財で

1739年に建てられたものです♪


本殿

本殿


ご祭神は冒頭で触れましたように

伊弉諾尊をお祀りしています


本殿の後ろには多くの摂末社が

お祀りされているんですけれど

こちらはその中の1つ奥姫稲荷神社です。


奥姫稲荷神社

奥姫稲荷神社


奥姫稲荷神社は
もともと田辺城にあったもののようで
明治になってから
こちらに遷されたそうですよ


商売繁昌や社運隆昌の

ご利益があるとされています


ここ朝代神社では毎年11月3日に例祭が行われ

吉原から太刀振(たちふり)、平野屋から太神楽

また、各町から屋台、太鼓やぐら等が

奉納されるんですね~

※詳しくは、秋季例大祭 2013(朝代神社)の記事をご覧下さい♪


例祭の様子

例祭の様子


ご興味のある方は1度、秋のお祭を

見に来られてはいかがでしょうか♪

という事で今回は

舞鶴にある朝代神社をご紹介しました~


朝代神社の場所はコチラ↓



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口