メモ2015-07-24
テーマ:祭り・イベント
関連:木嶋神社(蚕の社) / 

御手洗祭 2015(蚕ノ社)

今回ご紹介するのは

京都市右京区の太秦(うずまさ)にある

蚕ノ社(かいこのやしろ)で行われた


御手洗祭(みたらしまつり)


御手洗祭(みたらしまつり)です!


御手洗祭は

夏の土用の丑の日に境内にある

元糺の池(もとただすのいけ)で手足を浸けると

しもやけや脚気(かっけ)にならないといわれ

無病息災を祈るものなんですね~


木嶋神社(蚕の社)の社殿

蚕の社


ちなみに蚕ノ社は

秦氏(はたし)が創建したと伝わり

正式には木島坐天照御魂神社

(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)

といいます

※秦氏は渡来系民族で、弓月君(ゆづきのきみ)という人が朝鮮半島の百済から18670人を率いてやって来た民族だと言われています。


通称、木嶋神社(このしまじんじゃ)や
本殿の右手にある織物の始祖をお祀りする
蚕養神社(こかいじんじゃ)がある事から
蚕の社と呼ばれているんですね~♪


そんな蚕の社で行われる御手洗祭では

朝早くから元糺の池に

手足を浸けに来る方がいるんですけれど

夕方になるとその数は何倍にもなります


池の前の鳥居

池の前の鳥居


その理由は何と言っても

夕方には夜店が建ち並ぶからなんですね~


地元の方にお話を聞いてみると
この辺りに住んでいる児童にとって
最も身近な夏祭りのようで
昔は今よりもさらに人が集まったそうですよ


こちらが手足を浸ける元糺の池です


元糺の池

元糺の池


元糺という名前を聞くと

京都に詳しい方ならピーンと

くる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そうです!下鴨神社にある
糺の森(ただすのもり)ですよね♪


下鴨神社にお祀りされている

賀茂の明神は、嵯峨天皇

(さがてんのう:第52代天皇)の時代に

この地から糺の森に遷った(うつった)そうで

こういった経緯から糺の森に対して

発祥の地という事で元糺と呼んでいるんですね


ちなみに元糺の池の『糺す』とは
正しくするといった意味で
元糺の池は罪や穢れを祓う為に
禊(みそぎ)を行い
心身を清める池だったようです。


その元糺の池も以前はコンコンと

湧き水が湧き出していたそうなんですけれど

近年の都市開発によって枯渇してしまいました


それでも御手洗祭の日だけは

ポンプで地下水を汲み上げて

元糺の池を満たしているんですね。


本殿で参拝


さて、実際に手足を浸ける際には
まずはきちんと本殿で参拝をしてから
元糺の池に手足を浸けに向かいます♪


元糺の池の奥には

京都3大珍鳥居の1つに数えられる

『三柱鳥居(みはしらとりい:三本鳥居)』

があるんですよ~


木嶋神社(蚕の社)の三柱鳥居

三柱鳥居


こちらの鳥居にも皆さん

手を合わされていました


そして実際に手足を浸けてみると・・・

思った以上に冷たい!!!


手足を浸けている様子


親御さんに連れられて来ていた子供達も

この冷たさに大はしゃぎの様子でした


という事で今回は

蚕の社で行われた御手洗祭をご紹介しました


御手洗祭の行われた蚕ノ社の場所はコチラ↓

最寄の交通案内

 京福電車(嵐電) 嵐山本線 蚕ノ社駅(かいこのやしろえき)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口