メモ2015-06-01
テーマ:祭り・イベント
関連:吉祥院天満宮 / 春季大祭 2012(吉祥院天満宮) / 五穀豊穣祈願祭 2015(吉祥院天満宮) / 例祭 2015(吉祥院天満宮) / 爆竹祭 2016(吉祥院天満宮) / 

雷除祭 2015(吉祥院天満宮)

今回ご紹介するのは

京都市南区にある

吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう)で行われた


雷除祭(かみなりよけまつり)


雷除祭(かみなりよけまつり)です!


吉祥院天満宮では

毎年6月1日に雷除けを祈願する

雷除祭が行われているんですよ~


看板


雷除なんて珍しいですよね


これは御祭神である
菅原道真(すがわらのみちざね)が
雷除けの御神徳があると
されているからなんです


※吉祥院は、菅原家代々の土地である事から、菅原道真生誕の地とも言われています。


吉祥院天満宮

吉祥院天満宮


どうして学問の神様と言われる道真に

雷除けの御神徳があるの

とお思いの方もいらっしゃると思いますので

簡単にご説明しますと・・・


菅原道真は、幼少の頃より学問に励み

後に文章博士(もんじょうはかせ)

という中国の歴史や漢文を教える先生になったんですね


先生になったとさらりと書いているんですけれど

文章博士は学者の最高位なんですよ


その後、宇多天皇(うだてんのう:第59代天皇)に重用され

大出世をし蔵人頭(くろうどのとう)になります


※蔵人頭というのは、蔵人所のトップで簡単に言うと、天皇からの命令を伝達する秘書みたいな役職です。


まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで

どんどん出世する事になった道真なんですけれど・・・

時の左大臣だった

藤原時平(ふじわらのときひら)と

対立しデマを流されるんですね


それが元で九州は大宰府の
副司令官である大宰権帥
(だざいのごんのそち)に
左遷されてしまいます


※一連の出来事を『昌泰の変(しょうたいのへん)』と言います。


そして道真は、2年1ヵ月後に失意の内に亡くなります。


その後、京の町では
内裏の『清涼殿(せいりょうでん)』に
大きな雷が落ちたり、天変地異が
相次ぐようになるんですね~


その頃から

「これは道真の祟りだ!」

という噂が広まります


あまりにもタイミングが良すぎるので

そう思うのも無理ないですよね。


そこで道真の祟りを鎮める為に
全国に天満宮を作って、厚くお祀りし
『天満天神』の名で讃え始めたと
いわれています


※本来、雷様が天神様だったんですけれど、道真の祟りが雷でだった為、後に道真=天神様と同一視されたようです。


こういった事から道真には

雷除けの御神徳があるとされているんですよ


チラシ


ちなみに、『桑原(くわばら)』という
道真の故郷には雷が落ちなかったそうです


※雷除けに「くわばらくわばら」と唱えるようになったのはこの頃で、近年、何か悪いことが起こらないよう「くわばらくわばら」と言うようになったみたいです。


それでは早速レポートしていきましょう

※写真は2012年、2015年のものを使っています。


吉祥院天満宮拝殿


朝、6時頃、吉祥院天満宮の境内に行くと

境内には祭典の準備がされていました!


流石に、この季節になると

朝早い神事でも

寒くないのが嬉しいです


しばらくすると

宮司の方が来られて
神事の始まりを告げる
太鼓がドンドンドンドン!と
打ち鳴らされました


まずは、神様をお迎えするに当たって

罪や穢れを祓う修祓(しゅばつ)を行います!


神様は罪や穢れがお嫌いですから
こうしてお祓いする事で
罪や穢れを祓うんですね♪


続いて、神様にお供えする神饌(しんせん)を供え

祝詞(のりと)が奏上されます


祝詞奏上

祝詞奏上


その後、玉串を持って

拝礼する玉串奉奠(たまぐしほうてん)をして

無事に神事がお納められました


ちなみに境内では、この日に合わせて
朝がゆの無料接待が
6時から8時まで行われているんですよ


朝がゆの無料接待のお知らせ


朝がゆは、大根の漬物や梅干

昆布の煮付けが用意されていて

とってもヘルシーで美味しかったです


朝がゆ

朝がゆ


こちらは6月だけ授与されている
雷除けのご利益があるとされる
桑の葉の御守と御札です!


桑の葉の御守と御札

桑の葉の御守と御札


農作業やゴルフ、登山等の

野外活動をする方の為にご加護があるよう

特別に祈祷されたものなんだそうです


これから梅雨入りすると

雷と遭遇する機会が増えると思うんですけれど

万が一にも雷に打たれない為に

御守りをゲットされてみてはいかがでしょうか


そんな雷除祭が行われた

吉祥院天満宮の場所はコチラ↓

最寄の交通案内

 市バス 42・43系統 吉祥院天満宮前(きっしょういんてんまんぐうまえ)