メモ2015-04-22
テーマ:神社

福長神社

今回ご紹介するのは

京都市上京区にある


福長神社(ふくながじんじゃ)


福長神社(ふくながじんじゃ)です!


福長神社のすぐ近くには

京都御苑(きょうとぎょえん)や

梨木神社(なしのきじんじゃ)があるんですよ~


福長神社の創建された時期等の
詳しい事はわかっていないそうですけれど
ご祭神である福井神(さくいのかみ)と
綱長井神(つながいのかみ)は
平安時代、宮所(みやどころ)を守護をする為
宮中(平安京大内裏)の神祇官西院
(じんぎかんさいいん:現在の大宮竹屋町)に
座摩神(ざまのかみ、またはいかすりのかみ)
として別々にお祀りされていたそうです


お地蔵さん

鳥居の横にあるお地蔵さん


座摩神というのは

御巫(みかんなぎ)と呼ばれる女性神職のうちの

座摩巫(ざまみ)によってお祀りされた

生井神(いくいのかみ)

福井神(さくいのかみ)

綱長井神(つながいのかみ)

波比祇神(はひきのかみ)

阿須波神(あすはのかみ)の五柱の事です


その後、安土桃山時代に

福井神と綱長井神のニ柱を合祀して

現在地へと移ってきたんですね


こま札


織田信長(おだのぶなが)が
上杉謙信(うえすぎけんしん)に送った
洛中洛外図屏風
(らくちゅうらくがいずびょうぶ)には
現在の場所に福長神社が描かれているそうです♪


ちなみに福長神社の名前は

福井神(さくいのかみ)と

綱長井神(つながいのかみ)を祀っている事から

それぞれの頭文字を取って

福長神社としたそうですよ


福長神社と書かれたのぼり


また、その後に

お稲荷さんを合祀した事から

福長稲荷とも呼ばれているそうです


それでは早速、中に入っていきましょう♪


鳥居をくぐると

目の前に拝殿があります。


拝殿

拝殿


こちらは拝殿の奥にある本殿です。


本殿

本殿


本殿には冒頭でも触れたように

福井神と綱長井神がお祀りされています


福井神と綱長井神は
どちらも井戸の神様で
福井神は栄井神とも書き
井戸の水の永遠を意味し
綱長井神は、綱の長~い井戸という事で
水が枯れない事を意味しているようです


つまりどちらも水の神様というワケです!


こちらは境内の様子です。



拝殿の横に1本のご神木が植えられています。


以前は、もっと大きなお社だったそうですけれど

1788年に起こった天明の大火によって焼失し

現在のような小さな祠となったみたいです


小さな祠ですけれど

地元の方々に水神様として大切にお祀りされ

毎年11月には、お火焚祭も行われているそうです


ご興味のある方は是非

訪れてみてはいかがでしょうか


そんな福長神社の場所はコチラ↓

最寄の交通案内

 京都市営地下鉄 烏丸線 今出川駅(いまでがわえき)