メモ2015-02-20
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その49

本日は京都検定の対策となりそうな問題を

作成してみました。

良かったら挑戦してみて下さい♪

では1問目です。

【問題】

広隆寺

蜂岡寺(はちおかでら)が起源と伝えられている広隆寺を建立したのは誰か。

ア.秦忌寸都理(はたのいみきとり)

イ.秦河勝(はたのかわかつ)

ウ.秦助正(はたのすけまさ)

エ.秦伊呂具(はたのいろぐ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.秦河勝


秦河勝は

渡来系民族である秦氏の1人で

聖徳太子の側近ともいわれているんですよ

※申楽(現在の能)を初めて上演した祖としても知られています。


そして広隆寺

そんな彼が聖徳太子から与えられた仏像をきっかけとして

蜂岡寺(はちおかでら)という名称で

創建したのが始まりなんだそうですね


2問目にいってみましょう。

【問題】

村山たか女寄進の弁天堂

村山たか女ゆかりのお寺で与謝蕪村(よさぶそん)により再興された草庵『芭蕉庵』がある寺院は次のどれか。

ア.狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)

イ.詩仙堂(しせんどう)

ウ.金福寺(こんぷくじ)

エ.如願寺(にょがんじ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.金福寺


金福寺

慈覚大師(じがくだいし)円仁(えんにん)が彫った

聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)を祀った事に始まる

お寺なんです

※荒廃した後は圓光寺(えんこうじ)の僧であった鉄舟(てっしゅう)によって再興され臨済宗南禅寺派に改宗したそうです。


村山たか女は
井伊直弼(いいなおすけ・江戸幕府の大老)の
恋人といわれた女性で
金福寺に出家した人なんですね


また、金福寺の再興を果たした鉄舟は

松尾芭蕉と親しかったいわれ

度々訪れては草庵に滞在していたそうですよ


芭蕉庵

草庵『芭蕉庵』


草庵は1度、荒廃するんですけれど

与謝蕪村により再興され

一門を引き連れて度々

句会を行っていたみたいです


3問目にいってみましょう。

【問題】

聚楽第址

天下人である豊臣秀吉(とよとみひでよし)が建てた聚楽第(じゅらくだい)に行幸した天皇は次の誰か。

ア.後奈良天皇(ごならてんのう)

イ.正親町天皇(おおぎまちてんのう)

ウ.後陽成天皇(ごようぜいてんのう)

エ.後水尾天皇(ごみずのおてんのう)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.後陽成天皇


後陽成天皇は
第107代天皇で聚楽第には
2度も行幸した事があります


また秀吉は

御所まで天皇を迎えに行き

聚楽第へと向かう際

自分の後ろに徳川家康(とくがわいえやす)等の

戦国時代に名を馳せた武将を付き従え

歩いたといわれているんですね


ちなみに聚楽第は

1587年に完成したんですけれど

1595年には秀吉自らの命により

壊されてしまいます

※詳しくは、聚楽第の史跡巡りの記事をご覧ください。


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい。


【問題】

下鴨神社

下鴨神社の資料館と保存される事になり2015年11月1日から一般公開が予定されている住宅はどこか。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

旧浅田家住宅


旧浅田家住宅は

かつて下鴨神社周辺に340家ほどあった

社家(しゃけ)の1つなんですね

※今では、この浅田家と鴨脚(いちょう)家だけが残っているそうです。


浅田家は
祭事などを記録する絵師を
務めていたといわれています♪


かつては第14代京都市長であった

市村慶三(いちむらけいぞう)が

住んでいたといわれているんですけれど

10年程前から空き家になっていたそうです


それが今回、遺族らの希望によって

下鴨神社の資料館として

保存されるようになったんですね


という事で今回も4問出題させて頂きました。

皆さんは何問正解されましたか?



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口