メモ2015-02-11
テーマ:祭り・イベント
関連:剣神社 / 

つるぎ御弓始祭 2015(剣神社)

今回ご紹介するのは

京都市東山区にある剣神社(つるぎじんじゃ)で行われた


つるぎ御弓始祭(つるぎおゆみはじめさい)


つるぎ御弓始祭(つるぎおゆみはじめさい)です!


剣神社

『剣の宮(つるぎのみや)』

『おつるぎさん』とも呼ばれ


剣神社


疳(かん)の虫除け祈願で知られている神社なんですよ

※『疳の虫』とは夜泣きや神経症の病気の事です。


また剣神社の近くには今熊野神社(いまくまのじんじゃ)や

泉涌寺(せんにゅうじ)、東福寺(とうふくじ)といった

神社やお寺があるエリアになります


さて、そんな剣神社で行われる


つるぎ御弓始祭と書かれたたて看板


つるぎ御弓始祭は
毎年2月11日に行われていて
神事では厄除け祈願として
境内に用意された『鬼』と書いてある
的に向かって弓矢も放たれるんですよ


それでは早速レポートしていきましょう!


午後13時頃境内につくと

神事で使われる『鬼』の的が


『鬼』の的


本殿裏側の2本の木の間に

すでに用意されていました♪


しばらくすると

雅楽の演奏があり

神事が始まります


神事の始まり


まずは本殿で

本殿神事が行われるんですね


本殿では

神前に神饌(しんせん)がお供えされ

祝詞(のりと)が奏上されます


その後、宮司さんが

本殿に置いてあった

弓と矢を持って拝殿の外に

出てきます


すると・・・


四方に矢を放つ


拝殿の外側、それぞれの角で
外側に向かって弓矢を放つんですね~


詳しい事はわかっていないそうですけれど

神社の方の説明によると

矢の飛んだ方向で

稲の早稲(わせ)や晩稲(おくて)を

占っていたみたいですよ


そして四方に矢を放つと

いよいよ
『鬼の的』に弓矢を放ちます!


『鬼の的』に弓矢を放ちます


この辺りの一連の流れは

動画を見てもらった方がわかりやすいかと思いますので

動画をご覧下さいね~♪


放射の様子は動画でご覧ください。


四方で4本と

鬼の的に2本の

計6本の弓矢を射放つと

再び本殿神事が行われます


矢のささった鬼の的

鬼の的に矢がささっています。


そして本殿神事が納め終わると

境内、西南の一角に設けられている

護摩壇(ごまだん)で


護摩壇(ごまだん)


厄除御火焚祭(やくよけおひたきさい)が
行われるんですね


点火


名前と願い事が書かれた護摩木を

その年の厄除けを兼ねて

お焚き上げするというワケなんです♪


厄除御火焚祭(やくよけおひたきさい)


ちなみに境内では

生姜の入った甘酒接待があり

一般参加者の方にも振る舞われていましたよ


甘酒


風が冷たく体が冷えていたんですけれど

おいしく頂けた甘酒で

心も体も温まりました


そんな御弓始祭が行われた

剣神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 市バス 202・207・208系統 今熊野(いまぐまの)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口