メモ2015-02-08
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その46

本日は京都検定の対策となりそうな問題を

作成してみました。

チャレンジしてみてください♪

1問目です。

【問題】

今宮神社

今宮神社の門前で売られている名物のお餅は次のどれか。

ア.葵餅

イ.あぶり餅

ウ.鳩餅

エ.よもぎ餅

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.あぶり餅

あぶり餅


あぶり餅は

親指くらいの大きさのお餅を

10個ほど竹串で差して炭火であぶり

白味噌のタレをつけたお餅です。


ちなみに今宮神社の門前には

あぶり餅で有名なお店が

2軒あるんですよ


また選択肢の『ア.葵餅』

上賀茂神社の門前菓子です。

※詳しくは、神馬堂の記事をご覧ください。


『ウ.鳩餅』

三宅八幡宮の門前菓子です。


『エ.よもぎ餅』

松尾大社の門前菓子です。


続いて2問目にいってみましょう。

【問題】

阿弥陀如来

本尊に『証拠の阿弥陀』を安置しているのはどこのお寺か。

ア.三千院

イ.寂光院

ウ.勝林院

エ.実光院

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

勝林院

ウ.勝林院


勝林院

大原という京都市の北東にあり

1013年(長和2年)、寂源(じゃくげん・僧)により

創建されたお寺なんですよ


証拠の阿弥陀とは

本尊である阿弥陀如来像の事で

1186年(文治2年)、本堂で

大原問答(大原談義)が行われた際

「念仏が民衆を救うのです」

阿弥陀如来が言った事から

その名で呼ばれるようになったといわれています。

※ちなみに阿弥陀如来像は、その姿が美男子だという事から『美男の阿弥陀』とも呼ばれています。


3問目にいってみましょう。

【問題】

京都3名水や御所3名水の1つに数えられ、大和物語に病気を治す水として紹介されたのはどこの名水か。

ア.縣井(あがたい)

イ.醒ヶ井(さめがい)

ウ.染井(そめい)

エ.祐井(さちのい)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

縣井

ア.縣井


縣井

京都御苑内、旧一条邸の屋敷跡にあり

昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう・明治天皇の皇后)の

産湯に使われたとされる名水といわれています

※現在では飲む事は出来ません。


そして大和物語とは

平安時代に作られた

和歌を中心とした歌物語の事です。


ちなみに選択肢の『イ.醒ヶ井』

京都3名水の1つに数えられ

その中でも天下一の名水として有名だったそうですよ。

※詳しくは、左女牛井之跡の記事をご覧ください。


『ウ.染井京都3名水と御所3名水に数えられ

梨木神社境内に湧き出ている名水です。


『エ.祐井

御所3名水の1つに数えられ

明治天皇の幼名である祐宮に因んで

祐井と命名したといわれているんですよ。


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい


【問題】

親しみやすく飽きの来ない、お豆腐狂言を家訓としているのは何家か。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

茂山千五郎家(しげやませんごろうけ)


茂山千五郎家は

江戸時代初期から続く

狂言の名家なんですよ

※現在で13代目です。


茂山忠三郎社中による狂言

こちらは茂山千五郎の弟分であった茂山忠三郎によって誕生した『茂山忠三郎家(しげやまちゅうざぶろうけ)』です。


初代~4代目までは馬術指南をし

5代目から狂言師となり

6代目の時、禁裏御用の能楽師となった

記録が残されているそうです♪

※禁裏御用とは今でいう宮内庁御用達の事です。


ちなみに『千五郎』という人が

もともといたわけではなく

9代目の千吾正乕(せんごまさとら)が

大老・井伊直弼に名を尋ねられた時

『千吾』と答えたのに『千五郎』と聞き間違えられた事から

当主名は千五郎になったといわれています


という事で今回も4問出題させて頂きました。

皆さんは何問正解されましたか?



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口