メモ2015-02-04
テーマ:カフェ・スイーツ

柏屋光貞(法螺貝餅)

今回ご紹介するのは

柏屋光貞(かしわやみつさだ)の


法螺貝餅(ほらがいもち)


法螺貝餅(ほらがいもち)です!


柏屋光貞は

東山区の祇園にある老舗和菓子屋で

創業が江戸時代の1806年(文化3年)だそうですよ♪


柏屋光貞


その柏屋光貞で
2月3日の節分の日にしか
売られていないという大変珍しい和菓子が
今回ご紹介する法螺貝餅なんですね~


しかも予約しないと買う事も出来ないんです


ですからちゃ~んと忘れずに

予約をして受け取りにいきました

※ちなみに予約は年が明けて1月20日以降から可能みたいです。


法螺貝餅の箱

1箱に5個入りです。


そんな法螺貝餅は
左京区にある聖護院(しょうごいん)が
節分会で一般の参拝者を
受け入れるようになった際に
岩本光徹(いわもとこうてつ)門主の
要請によって
柏屋光貞の9代目が考案した和菓子です


※柏屋光貞の店主は、代々聖護院門跡の山伏として修行をされているそうです。


お正月の和菓子である

花びら餅に入れる味噌餡(みそあん)にゴボウをさし


花びら餅

こちらは二條若狭屋花びら餅


その周りを細長く焼き上げた小麦粉の皮で巻き付け

『法螺貝』に似せて作ったものなんですね♪

花びら餅について詳しくは、二條若狭屋の記事をご覧ください。


だから法螺貝餅という名前なんですね~


法螺貝餅の説明書き


そして法螺貝を吹くと

悪霊退散のご利益がある事から

法螺貝餅にも厄除けの効果があって

1年間、無病息災で過ごせるといわれているんですよ


つまり節分の日に
法螺貝餅を食べて厄除けをしましょう!
というワケなんです♪


さて、そんな法螺貝餅なんですけれど

もともとは今のような法螺貝の形では無く

『麩の焼き(ふのやき)』というお菓子の形態に

似ているものだったともいわれています。


『麩の焼き』

千利休(せんのりきゅう)が茶会を開く際に

好んで使われたお菓子で

水で溶いた小麦粉を薄く焼き

それに山椒味噌や砂糖を塗って

巻物状に巻いたものなんですね。

一説には、お好み焼きのルーツとも

いわれているんですよ


ちなみに聖護院は

かつて全国に2万程のお寺を抱えた

修験者の総本山です。


聖護院

聖護院


皇族や摂家からの入寺があり

江戸時代には光格天皇(こうかくてんのう:第119代天皇)や

孝明天皇(こうめいてんのう・第121代天皇)が一時期

仮宮(かりみや)として使用していた事もあり

非常に皇室との関係が深い寺院なんですね

※門跡寺院の1つです。


そして孝明天皇は
1858年(安政5年)に起きた御所炎上の際
避難していた聖護院門跡で
法螺貝餅を食べられたといわれています♪


そんな由緒ある法螺貝餅のお味はと言いますと・・・


素朴な味わいで餡も甘すぎず
ゴボウの歯ごたえがコリコリとしていて
とってもおいしかったです


法螺貝餅


大きさも法螺貝を模した餅と聞いて

巨大な物を想像されるかも知れませんけれど

女性の口に合う適度なサイズでしたよ


余談ですけれど祇園祭の宵山の日には

行者餅(ぎょうじゃもち)を

こちらも期間限定(要予約)で売られているので

気になった方は今年、購入してみてはいかがでしょうか


そんな法螺貝餅が売られている

柏屋光貞の場所はコチラ↓


大きな地図で見る



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口