メモ2014-12-21
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その27

本日も京都検定の対策となりそうな問題を

作成してみました。

是非、問題に挑戦してみて下さい


早速1問目です。

【問題】

京都御所

南向きに建てられている京都御所・紫宸殿(ししんでん)の前庭に植えられているのは左近の桜と右近の何か?

ア.梅

イ.椿

ウ.山吹

エ.橘

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.橘


紫宸殿は

平安京内裏(だいり)の正殿で

京都御所の中心となる建物なんですね。

※ちなみに朝堂院の正殿が大極殿(だいごくでん)です。大極殿について詳しくは、大極殿跡の記事をご覧ください。


南に向いているのは

『天使南面す』という

天使(天皇)は南を向いて座るという思想から

建物は南向きに建てられているんですよ。


また平安時代初期には

桜ではなく梅が

植えられていたそうです


続いて2問目にいってみましょう。

【問題】

鬼法楽

紫式部(むらさきしきぶ)の邸宅跡として知られ2月3日に行われる鬼法楽(おにほうらく)で有名なお寺はどこか?

ア.真珠庵(しんじゅあん)

イ.廬山寺(ろざんじ)

ウ.千本ゑんま堂(せんぼんえんまどう)

エ.大雲寺(だいうんじ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

廬山寺

イ.廬山寺


廬山寺は

天台宗の中興の祖と言われる

僧・良源(りょうげん)を開基とする

お寺なんですね。


源氏物語の作者として知られる

紫式部は、この廬山寺で

執筆したと言われています

※詳しくは、紫式部ゆかりの地巡りの記事をご覧ください。


鬼法楽は

通称・鬼踊りとも呼ばれ

『貪欲』『怒り』『愚痴』を表現した

3匹の鬼達が踊る

追儺式(鬼払いの儀式)なんですよ。

※詳しくは、追儺式鬼法楽 2012(廬山寺)の記事をご覧ください。


3問目にいってみましょう。

【問題】

嵯峨釈迦堂(清凉寺)

日本3如来の1つに数えられ清凉寺に安置されている如来はどれか?

ア.釈迦如来

イ.阿弥陀如来

ウ.薬師如来

エ.大日如来

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.釈迦如来


清凉寺は

光源氏(源氏物語の主人公)のモデルと言われている

源融(みなもとのとおる)の別荘があった場所に

建てられたお寺なんですよ。

※詳しくは、嵯峨釈迦堂(清凉寺)、源氏物語ゆかりの地巡りの記事をご覧ください。


本尊である釈迦如来は

三国伝来の像とも伝わっていて

インド、中国、日本を渡って来たと

いわれているんですね。


また仏像を修理した際に出てきた

5色の絹で作られた五臓六腑や鏡、お経など

全てが国宝に指定されています


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

神護寺

神護寺(じんごじ)に保管されている現存最古の大曼荼羅を何というか?

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

高雄曼荼羅(たかおまんだら)


神護寺は

高雄(京都市の北東)に位置するお寺で

824年、和気清麻呂(わけのきよまろ)により

創建されたといわれています。

※詳しくは、神護寺 その1の記事をご覧ください。


高雄曼荼羅は

花と鳳凰を組み合わせた模様を

金泥と銀泥だけで描いた

両界曼荼羅なんだそうですよ


鳥羽法皇(とばほうおう・第74代)の時代に

外に持ち出されると

仁和寺(にんなじ)、三十三間堂の宝蔵となり

平安時代末期には後白河法皇(ごしらかわほうおう・第77代)から

高野山へと贈ったといわれています。


その後、1184年(元暦元年)に

神護寺の再興につとめた文覚(もんがく・僧)の努力によって

神護寺へと返還されたそうですよ。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?