メモ2014-11-02
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その11

本日は京都検定の対策となりそうな問題を

作成してみました。

是非チャレンジしてみてください


早速1問目です。

【問題】

瓢鮎図

次の(   )に入るものをア~エから選びなさい。

妙心寺(みょうしんじ)の塔頭の1つ(   )には如拙作の『瓢鮎図(ひょうねんず)』が所蔵されている。

ア.龍泉庵(りょうせんあん)

イ.桂春院(けいしゅんいん)

ウ.大心院(だいしんいん)

エ.退蔵院(たいぞういん)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

退蔵院

エ.退蔵院


退蔵院は妙心寺境内にあり

無因宗因(むいんそういん・妙心寺第3世)禅師を開山として

創建されたお寺です。


如拙は

室町時代に活躍した画僧(がそう・画家)で

山水画の始祖と言われているんですね


国宝である瓢鮎図は

そんな彼が1415年に描いた作品で

「瓢箪でどうすれば鯰(なまず)が捕らえられるか?」

という禅の問答なんですよ。


選択肢にあるお寺は

すべて妙心寺の塔頭寺院です。


2問目にいってみましょう。

【問題】

左京区にある神社で通称『虫八幡』と呼ばれ子どもの虫封じにご利益があるとされるのはどこか?

ア.御所八幡宮(ごしょはちまんぐう)

イ.三宅八幡宮(みやけはちまんぐう)

ウ.首途八幡宮(かどではちまんぐう)

エ.石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

三宅八幡宮

イ.三宅八幡宮


三宅八幡宮

遣隋使(けんずいし)で有名な

小野妹子(おののいもこ)が

宇佐八幡を勧請したのが始まりとされる神社です。


ちなみに八幡宮の鳩は

神様の使いと考えられていて

三宅八幡宮では鳥居前に

狛犬ではなく狛鳩が置かれているんですよ


また境内にはここでしか食べる事の出来ない

鳩をかたどった和菓子

『鳩餅』が売られています。


引き続いて3問目です。

【問題】

天台宗五門跡寺院の1つで正式名称を出雲寺(いずもじ)というお寺はどこか?

ア.青蓮院(しょうれんいん)

イ.曼殊院(まんしゅいん)

ウ.毘沙門堂(びしゃもんどう)

エ.妙法院(みょうほういん)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

毘沙門堂

ウ.毘沙門堂


毘沙門堂は山科にあり

天海(てんかい・徳川家康のフィクサー)によって

再興されたお寺なんですよ。


本尊の毘沙門天像は

最澄自らの手により彫られたと言われています。

※最澄について詳しくは、延暦寺(東塔)の記事をご覧ください。


山科義士まつり

ちなみに12月14日に行われる『山科義士まつり』の

義士隊の出発点でもあります

※詳しくは、山科義士まつり 2010(大石神社)の記事をご覧ください。


その他の選択肢のお寺は

すべて天台宗にある

5つの門跡寺院です。

※残りの1つは三千院(さんぜんいん)です。詳しくは、天台宗五門跡の記事をご覧ください。


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

まねき看板

南座で毎年11月後半に行われている顔見世(かおみせ)のまねき看板に描かれている書体は何か?

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

勘亭流(かんていりゅう)


勘亭流は

能書家(現在の書道家)の

岡崎屋勘六(おかざきやかんろく)によって考案された字体なんですね。


別名、芝居文字とも言われ

1779年、中村座(江戸三座の1つ)の狂言の名題を

依頼された事に始まるそうです


顔見世とは

毎年11月30日から12月26日まで行なわれる

歌舞伎公演の事でなんですよ。

まねき看板は、その公演に出演する

役者の名前が書かれた看板の事です。

※詳しくは、まねき上げ 2012(南座)の記事をご覧ください。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口