メモ2014-10-17
テーマ:史跡
関連:羅城門跡地 / 大極殿跡 / 

宴の松原

今回ご紹介するのは

京都市上京区にある

宴の松原

宴の松原(えんのまつばら)です!


宴の松原は、縁の松原とも記され

かつて平安京があった頃

皇居や官庁のあった大内裏(だいだいり)の

武徳殿(ぶとくてん)の東側

豊楽院(ぶらくいん)の北側に

位置する場所にあった松林の事なんですね

※武徳殿は、大内裏の御殿の1つで宮中で競馬などを見る際に使われた建物の事です。 豊楽院は、大内裏の御殿の1つで宮中の宴会をする建物の事です。豊楽とは、『とよのあかり』といって宴会を意味します♪


説明書き

そんな場所にあった宴の松原は

一体、何のために作られたのか?

と言いますと・・・


実はわかっていないんです


宴会が行われる場所だったという説や

内裏を建て替えるための代替地であった等

諸説あるみたいなんですけれど

結論は出ていません。


けれどこの宴の松原には

ある怖~いエピソードが伝わっているんですね~


石標

それは平安時代の初め

光孝天皇(こうこうてんのう・第58代天皇・小松帝(こまつのみかど))の 時代のお話です。


887年(仁和3年)8月17日

月明かりのあった夜

宴の松原を若く美しい女性3人が

仲良く東に歩いていたそうです。


すると、松の木の下から

容姿端麗な1人の男性が現れます


その男性は

3人の女性のうち1人の手を引いて

木の木陰へと誘い込みました


その後、残された2人の女性は

すぐに戻ってくるだろうと思って

待っていたそうです。


誘い込まれた女性も嫌がらず

残り2人も待っていたという事は

きっとかなりのイケメンだったんでしょうね


けれど女性は待てど暮らせど

戻ってこないんです!!


それどころか

話声や物音1つしていなかったそうですよ


ついに不審に思った2人は

誘い込まれた木陰を見に行ったんですけれど・・・

そこには女性の姿も男性の姿も無く

誰もいませんでした。


おかしいな~と思って

よく探してみると

なんと!女性の手足だけが

その場に落ちていたそうです。


きゃ~!!!!!!!


と驚いたかどうかは分かりませんけれど

とにかく2人は怖くなって

その場を逃げるんですね。


それもそうですよね。

私もそんな光景を見てしまったら

普段の倍以上のスピードで走れそうな気がします


そして、2人はこの事を警護の人間に話します。


警護の人間が木陰に行くと

2人の話すとおり

手足は残っていたんです・・・

手足は・・・

そう!手足以外はどこを探しても

見つからなかったんですね


この話を聞いた誰もが

「これは人間に化けた鬼が

女性を食べたに違いない!」

と思ったそうですよ。


ちなみにこの話は

『日本三代実録』や『今昔物語(こんじゃくものがたり)』

に納められています


『栄花物語歌』の歌碑

『栄花物語(えいがものがたり)』の歌「あわれにも今は 限りと思いしを まためぐりあふ えんの松はら」と刻まれた歌碑。


また別の話も伝わっていまして・・・


藤原道隆(ふじわらのみちたか)が

弟である藤原道長(ふじわらのみちなが)と

肝試しをしたそうなんですけれど

その時に宴の松原あたりから

不気味な声が聞こえてきたんですね~。


驚いた2人は肝試しもそっちのけで

一目散に逃げ帰ったと伝わっています


ちなみにこちらの話は

『大鏡(おおかがみ)』に納められています。

※藤原道長と言えば、「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」と詠んだ事で有名ですよね。彼の別荘である『宇治殿』が後に平等院になるんですよ。


もしかすると犠牲になった女性の

声だったのかも・・・


ちなみにこの宴の松原のあるあたりは

出水通七不思議の寺院がある場所で

昔から不思議な事が起こる場所なのかもしれません

※出水通七不思議について詳しくは、出水通七不思議巡りの記事をご覧ください。


ご興味ある方は訪れてみてはいかがですか?

もしかすると、何か不思議な事が起きるかも知れませんよ


そんな宴の松原のある場所はコチラ↓


より大きな地図で 宴の松原 を表示

1 ■おお~

怖いです~
とてもホテルで一人では眠れません・・・
色々と予備知識をいただき感謝です
ああ~怖い~

ゆずちゃんさん 2015-07-19 16:21:23

2 ■Re:おお~

>ゆずちゃんさん
落ちている手足だけを見てしまったら
腰を抜かしてしまいそうです(笑

何か不思議な事が起きたら
ぜひ、コメントで教えてくださいね。

京子 2015-07-20 17:45:34