メモ2014-09-14
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その333

今回も京都検定の過去問を

写真と解説付きでお送りします。

是非チャレンジしてみてください


それでは早速、1問目にいってみましょう。

【問題】

毎年8月7日から10日まで開催される(   )は、京都最大規模の陶器市である。

ア.炭山陶器まつり

イ.清水焼の郷まつり

ウ.五条坂陶器まつり

エ.大報恩寺陶器市

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.五条坂陶器まつり


五条坂陶器まつりは

五条坂周辺で行われる陶器市なんですね。


毎年、約40万人が訪れ

500以上のお店が出ると言われています


若宮八幡宮

若宮八幡宮

近くにある若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)からは

8月8日に陶器で出来た神輿

陶器神輿が巡行するんですよ。

※詳しくは、若宮八幡宮祭 2012(若宮八幡宮)の記事をご覧ください。


2問目にいってみましょう。

【問題】

丹波の美山出身で、御室に窯を開き、「古清水(こきよみず)」と呼ばれる色絵陶器(いろえとうき)を完成させたのは誰か。

ア.野々村仁清(ののむらにんせい)

イ.青木木米(あおきもくべい)

ウ.尾形乾山(おがたけんざん)

エ.奥田頴川(おくだえいせん)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.野々村仁清


野々村仁清は

江戸時代初期に活躍した

京都出身の焼き物師なんですよ。


京焼(きょうやき)の祖とも言われ

仁和寺・五重塔

仁和寺・五重塔

1647年、仁和寺(にんなじ)前に御室窯を開いて

色絵陶器を完成させたと言われています

※色絵陶器とは文様を描いた陶器を再び低温で焼き上げたものです。


ちなみに『仁清』という号は

仁和寺の『仁』

清右衛門(せいえもん・本名)の『清』

から取られたと言われているんですね。


続いては3問目です。

【問題】

丹波の八木出身で、京都商工会議所の初代会長に就任、琵琶湖疏水事業での水力発電導入に貢献したのは誰か。

ア.高木文平(たかぎぶんぺい)

イ.浜岡光哲(はまおかこうてつ)

ウ.山本覚馬(やまもとかくま)

エ.村井吉兵衛(むらいきちべえ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.高木文平


高木文平は

南丹市八木町(京都市北部)の農家に生まれ

府会議員や市会議員を務めた人なんですよ。


琵琶湖疏水の工事では

当初の導入予定だった水車動力から

水力発電に切り替える為

田辺朔朗博士像

田辺朔朗博士像


設計者・田辺朔朗(たなべさくろう)と共に

1888年(明治21年)、アメリカに渡り

蹴上発電所を完成させたと言われています

※田辺朔朗や琵琶湖疏水事業について詳しくは、田辺朔朗博士像の記事をご覧ください。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません。

ズバリでお答えくださいねっ。


【問題】

応仁の乱の戦端を切った合戦が行われ、現在「応仁の乱勃発地」の石標が建つ神社はどこか。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

上御霊神社

上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)


応仁の乱とは、1467年

室町幕府の次期将軍の後継者問題がきっかけとなり

起こった戦の事なんですね。

※応仁の乱について詳しくは、銀閣寺(慈照寺)の記事をご覧ください。


上御霊神社

桓武天皇(かんむてんのう・第50代天皇)の弟である

早良親王など十三柱を祀る神社です。


日本最古の御霊会(ごりょうえ・怨霊や疫病を鎮める祭)こと

御霊祭(ごりょうまつり)が行われる事で有名なんですよ

※詳しくは、御霊祭 還幸祭 2010(上御霊神社)の記事をご覧ください。


という事で今回も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?