メモ2014-09-13
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その332

今回は京都検定の過去問をお届けします!

写真と解説付きですので、是非チャレンジしてみて下さいね


では早速1問目にいってみましょう~

【問題】

「月はおぼろに東山」で始まる舞妓の舞でおなじみの歌の題名を何というか。

ア.祇園小唄

イ.祇園夜話

ウ.京都慕情

エ.京都物語

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.祇園小唄


祇園小唄とは舞踏曲の事で

仕込み(舞妓になる前の修行期間)の頃から習い

舞妓になっても毎日のように舞うそうですよ。


ちなみに東山の『月の庭』で知られているのが

清水寺

清水寺

清水寺の塔頭である

成就院(じょうじゅいん)なんです。


池泉回遊式になっている庭園で

池に写る月の美しさからその名で呼ばれ

毎年、春と秋に特別公開がされているんですよ。

※2014年の秋は11月17日~12月7日の期間だそうです。詳しくは、清水寺のHPをご覧下さい。


では続いて2問目です。

【問題】

次の記述について、誤っているものを(ア)~(エ)から選びなさい。

時代祭

「時代祭の行列」と「登場人物」の組み合わせ

(ア)江戸時代婦人列-和宮(かずのみや)

(イ)織田公上洛列‐柴田勝家(しばたかついえ)

(ウ)楠公上洛列‐滝川一益(たきがわいちます・かずます)

(エ)平安時代婦人列‐小野小町(おののこまち)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

(ウ)


平安遷都を記念して行われる時代祭は

明治時代から平安時代までを振り返り

それぞれの時代装束に身を包んだ行列が

京都市内を練り歩く祭です

※詳しくは、時代祭 2012(平安神宮京都御苑)の記事をご覧ください。


楠公上洛列は室町時代より以前

吉野時代に登場する列で

楠木正成(くすのきまさしげ)を中心とした一行なんですよ。

※楠木正成について詳しくは、天龍寺 その1の記事をご覧ください。


時代祭が始まった1895年には

行列に参加していなかったんですけれど

1932年に加わる事になったみたいです


引き続いて3問目です。

【問題】

明智光秀の娘で勝竜寺城(しょうりゅうじじょう)に輿入れし、のちに丹後の宮津城に居住したのは誰か。

ア.春日局(かすがのつぼね)

イ.淀殿(よどどの)

ウ.北政所(きたのまんどころ)

エ.細川ガラシャ(ほそかわがらしゃ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.細川ガラシャ


細川ガラシャという名前は

本名ではなく

ラテン語の『ガラシャ(恩寵・神の恵み)』

から取られたと言われているんですね。


勝竜寺城は長岡京市にかつてあったお城で

現在は公園になっています。


長岡京市は

細川ガラシャと夫・細川忠興(ほそかわただおき)が

新婚時代を過ごした地なんですよ

※勝竜寺城公園の完成を記念して長岡京市では、毎年11月にガラシャ祭が行われています。


ちなみに大徳寺の塔頭である高桐院には

高桐院の細川忠興とガラシャ夫人のお墓

高桐院の細川忠興とガラシャ夫人のお墓

彼女と細川忠興のお墓が

あるんですよ。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません。

ズバリでお答えくださいねっ。


【問題】

広隆寺

聖徳太子から仏像を与えられ、広隆寺(こうりゅうじ)を建立したと伝えられるのは誰か。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

秦河勝(はたのかわかつ)


秦河勝は聖徳太子の側近だったと言われ

渡来系民族である秦氏の1人なんですね。

※申楽(現在の能)を初めて上演した祖としても知られています。


広隆寺は秦氏の氏寺で

国宝第一号とされている

弥勒菩薩半跏像(みろくぼさつはんかしいぞう)が

安置されているんですよ

また京都で一番古いお寺(603年に創建)と言われています。


という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?