メモ2014-08-04
テーマ:その他

藤屋と空也上人ゆかりの井戸

今回ご紹介するのは

八坂神社(やさかじんじゃ)の境内にある

井戸

藤屋と空也上人(くうやしょうにん)ゆかりの井戸です!


八坂神社に参拝された方は

ご存知かと思いますけれど

八坂神社の境内南にある石鳥居の東側には

二軒茶屋 中村楼

二軒茶屋 中村楼(にけんちゃやなかむらろう)というお店がありますよね

※二軒茶屋 中村楼については二軒茶屋 中村楼の記事をご覧下さい。


この二軒茶屋という名称からもわかるように

八坂神社の南門のところには

参道を挟んで東西に二軒のお茶屋さんがあったんですよ~


二軒茶屋の1つは中村楼と言って

もともとは柏屋と呼ばれていたそうです。


え?でも今は一軒しかないんじゃないの


と思った方もいるかと思いますけれど

現在、西側にあったとされる藤屋は

残念ながらなくなっているんですよー


今回はその藤屋にスポットライトを当てたいと思います


説明書き

さて、藤屋のあった場所に建てられている

説明書きによりますと

藤屋は明治の初めまでこの地で商いをしていたと言われています。


藤屋という名前は

店の近くに藤棚があった事に由来しているそうですよ


ちなみに江戸時代に書かれた

『拾遺名所図会(しゅういめいしょずえ)』にも

二軒茶屋の記述があり

藤屋の事も書かれているんですね~

※拾遺都名所図会とは、江戸時代後期に発行された京都名所案内ガイド本です。


それによると

比叡山の阿閣梨(あじゃり・徳の高い僧)が

洛中に来た際には、ここに立ち寄って

昼ごはんを取るのが慣例になっていたんだそうですよ


慣例になっているくらいですから

とっても美味しいご飯を出していたんでしょうね♪


ちなみに当時、八坂神社の境内では

魚や肉を商う事を禁じていたそうです。


そんな藤屋のあった場所には

何も残ってないのかと思いきや

お店があった頃に使われていた井戸があります。


それが今回ご紹介している井戸なんですね。

写真で見てみてもお分かりいただけますように

金網でしっかりと保護されています。


現在でも、もしかしたら水を汲む事が出来るのかもしれませんね


ちなみに藤屋を開いた初代の店主は

この井戸の水を沸(わ)かして

参拝者の方に出していたと言われています。


それ以来、八坂神社にお参りに来た人達は

この白湯(さゆ)を飲んで身を清めてから参拝したので

藤屋の事を『きよめの茶屋』と呼んでいたそうです


また、この井戸には他にも話が伝わっていまして・・・

925年(延長3年)に醍醐天皇(だいごてんのう・第60代)が

疱瘡(ほうそう)にかかった時の事です。


その時に多くの人たちもまた病に苦しんだそうで

市の聖(いちのひじり)と呼ばれた

空也上人(くうやしょうにん)はそれを見かねて

八坂神社で病気平癒を祈願した後

この井戸の水で作った白湯を人々に飲ますと

人々の病気は治ったと言われているんですよ!

※空也については、空也踊躍念仏(六波羅蜜寺)の記事をご覧下さい。


そんな水だったら一度は飲んでみたいと

思いますよね~


残念ながら藤屋の方は

現在、残っていませんけれど

中村楼は水曜日以外

営業しているので

気になった方は訪れてみてはいかがでしょうか。


そんな藤屋と空也上人ゆかりの井戸のある

八坂神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口