メモ2014-06-22
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その307

本日も京都検定過去問の中から

4問出題してみたいと思います。

写真と解説を載せているので

チャレンジしてみて下さい


では早速1問目です。

【問題】

どっしりとした大きな(   )は、千枚漬の材料としてよく知られている。

ア.鹿ヶ谷かぼちゃ

イ.えびいも

ウ.青味だいこん

エ.聖護院かぶ

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.聖護院かぶ(しょうごいんかぶ)


聖護院かぶは

聖護院(京都市左京区)にいた

研究熱心な農業家

伊勢屋利八が近江かぶの種子を聖護院に移植し

改良を重ね生まれたかぶなんですよ


聖護院門跡

聖護院の地にある聖護院門跡

聖護院かぶという名称は、この土地の名前から

名付けられたと言われています。


千枚漬は皮を向いた聖護院かぶを

3ミリほどの薄さにスライスし

漬け込んだものなんです。

※千枚漬について詳しくは、京の習わし その6の記事をご覧ください。


続いては2問目です。

【問題】

千家十職(せんけじっしょく)は三千家が指定した十家十人の茶道具の職方である。駒沢利斎家(こまざわりさいけ)の職方はどれか。

ア.陶工

イ.釜師

ウ.指物師

エ.塗師

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.指物師(さしものし)


指物師とは

釘や接着剤などを使わず

板材をさし合わせて組み立てる職人の事です。


4代目駒沢家当主が

表千家6代『覚々斎(かくかくさい)』から

『利斎』という名を与えられて

代々その名を襲名するようになったそうですよ


大徳寺

三千家や千利休ゆかりの大徳寺

三千家とは

表千家・裏千家・武者小路千家の事ですよね。


続きましては3問目です。

【問題】

歌の家として栄えた御子左家の藤原定家が記した日記はどれか。

ア.小右記(おうき・しょうゆうき)

イ.明月記(めいげつき)

ウ.玉葉(ぎょくよう)

エ.民経記(みんけいき)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.明月記


明月記は、別名

照光記(しょうこうき)とも言われています。


二尊院

小倉百人一首を選定した場所『時雨亭跡』がある二尊院

百人一首を編纂した藤原定家から

息子、為家(ためいえ)

孫であり冷泉家(れいぜいけ)の祖である為相(ためすけ)

そして冷泉家の当主へと代々、伝えられたそうですよ


現在、冷泉家時雨亭文庫(しぐれていぶんこ)には

定家直筆の全54巻が保管されているそうです。

※冷泉家時雨亭文庫とは、冷泉家に伝わる文化財などを保存・管理・継承する目的で設立された財団の事です。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

平安京の平安宮(大内裏)にあった大極殿跡

平安京の内裏(だいり)は、安貞元年(1227)の焼失以後再建されず、その跡地は荒廃して(   )と呼ばれるようになった。その地が再び脚光を浴びるのは天正15年(1587)の豊臣秀吉の聚楽第(じゅらくだい・じゅらくてい)の造営である。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

内野(うちの)


内野は現在の

京都市上京区にあった場所なんですよ。


ちなみに大内裏とは

皇居や官庁のあった場所の事です。

※詳しくは、大極殿跡の記事をご覧ください。


その後、天下人である豊臣秀吉が

政庁兼邸宅である

聚楽第を建てたんですね

※聚楽第については、聚楽第の史跡巡りの記事をご覧ください。


という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?





イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口