メモ2014-06-10
テーマ:神社

石上神社

今回ご紹介するのは

京都市の南区にある

石上神社

石上神社(いそのかみじんじゃ)です!


正式名称を

石上布留社(いそのかみふるしゃ)と言って

世界遺産で有名な東寺の近くにある神社なんです♪


実はこの石上神社は

長く東寺の政所(まんどころ)だった場所なんですよ


説明板

政所というのは

簡単にご説明しますと

政務や事務をする所のことなんです。


のちに鎌倉幕府や室町幕府等で

政所という役所名になったり

戦国時代には正妻の事を

北政所(きたのまんどころ)と呼ぶようになりますよね

※ちなみに政所に北という字がついたのは、家庭内の家政をしていた妻が、邸宅の北に住まいがある事が多かったことからだそうです。


本殿

本殿です。ご祭神は石上布留御魂(いそのかみふるのみたま)、相殿に阿刀大神(あとおおかみ)をお祀りしています。


そんな石上神社の創建について

詳しい事はわかっていないそうなんですけれど

ある人物のお母さんの家系の斎壇だったと言われています。


稲荷神 阿刀宿 石神神社と書かれた石碑

そのある人物とは

もちろん東寺に関係する人物なんですけれど・・・

もうお分かりになっている方も

いらっしゃいますよね


そうなんです!

弘法大師(こうぼうたいし)空海(くうかい)の事なんです。


この空海のお母さんの家系が

阿刀家(あとけ)と言われ

阿刀家の斎壇となっていました。

※阿刀家は珍しい女系家族だったんですよ~


また阿刀家は823年(弘仁14年)

阿刀大足(あとのおおたり)が阿刀家に

婿に入った時に政所となって以来

1871(明治4年)に廃止されるまで

東寺執行(とうじしぎょう)を努めたと言われています

※執行とは、お寺の寺務を執り行うために置かれた役職の事です。阿刀大足は、空海の叔父にあたる人物で、若き空海に論語等を教えたことで知られています。


東寺執行と書かれた石碑

東寺執行と書かれた石碑


ここで弘法大師空海についても少しご説明しますと

空海は日本の宗教史上で

最も有名な人物の1人といっても過言では無く

天才の呼び声高い人物ですよね


地蔵堂

地蔵堂


774年(宝亀5年)年の6月15日

讃岐(今の香川県)の国で

父・佐伯値田公(さえきのあたいたきみ)と

母・玉寄御前(たまよりごぜん)の間に

生まれたんですよ~


そして804年に空海は遣唐使として入唐し

2年間滞在し真言宗を習得して帰国します。


空海が習得してきた真言宗は

密教とも呼ばれ秘密の教えだったんですね!


言語では表現出来ない

仏の悟りとも言われる特別なものなんだそうですよ


ちなみに空海が作り上げた秘法に

『きゅうり封じ』があったりします。

※きゅうり封じについて詳しくは、蓮華寺の記事をご覧下さい。


また彼は達筆でも知られているんですね。

※そのあたりのエピソードについて詳しくは、東寺(教王護国寺) その1の記事をご覧下さい。


また824年(天長元年)に

干ばつが続き、雨が振らずに困った朝廷は

東寺の空海と西寺(さいじ)の守敏(しゅびん)を呼び

祈雨の法の競い合いをさせたと言われています。


そのとき、空海は善女龍王(ぜんにょりゅうおうしゃ)を呼び寄せ

見事、雨を降らすことに成功したんですね♪

その後、東寺は栄えたと伝わっているそうですよ。

※西寺はその後、衰退し現在はありません。平安京の玄関と呼ばれる『羅城門(らじょうもん)』の東に作られたのが東寺で西に作られたのが西寺なんですよ。


摂末社

摂末社

こちらは波切不動明王(なみきりふどうみょうおう)を安置する


波切不動堂

波切不動堂です。


この波切不動明王は空海の

地盤の明王と言われていて

四国のお遍路や高野山にお参りしたとしても

この明王にお参りしなければ

ご利益が頂けないんだそうですよ


ちなみに波切不動明王は

空海が唐から日本へ戻る途中

大嵐に遭遇した際

荒波を剣で切り裂き彼を救ったと言われています。

※詳しくは、浪切不動寺の記事をご覧ください。


波切不動堂内部

波切不動明王が安置されています。


というわけでまだお参りに訪れていない方は

是非、忘れずに訪れて下さいね


そんな石上神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る