メモ2014-04-23
テーマ:お寺

五劫院

今回ご紹介するのは

出水通七不思議の1つに数えられる

あるものがあるお寺

五劫院

五劫院(ごこういん)です!


京都坊目誌(きょうとぼうもくし・京都の地誌、歴史書)

によれば、浄土宗鎮西派知恩寺(じょうどしゅうちんぜいはちおんじ)に属するお寺で

宝暦年中(1751年~1763年)に僧喚誉が開祖したと言われているんですね。


その後、1788年(天明8年)に

火災に巻き込まれて燃えてしまったそうなんですけれど

再興されて、現在に至るみたいですよ


浄土宗五劫院

ちなみに五劫院は通常非公開となっているため

今回は門だけのご紹介となります


でも、七不思議の写真は

バッチリと抑えているので

安心して下さいね


この写真から見える場所に

七不思議のある山門

七不思議に数えられる

あるものが見えているんですよ~


ちなみに出水通り(でみずどおり・東西の通り)は

平安京の近衛大路にあたり

今でも近衛通りとも呼ばれる通りです。


そして出水という名は

烏丸通り(からすまどおり・南北の通り)の西に涌水があって

よく浸水していたという事から

出水と呼ばれたようですよ

※烏丸通りについて詳しくは、京のユニークな地名 その3の記事をご覧下さい。


そんな出水通りには不思議な七不思議が伝わっていて

今までにもいくつかご紹介させて頂きました


そして、今回ご紹介している

五劫院の出水通七不思議に数えられる

あるものとはこちらなんです!!


木の木目をジーっと見ていると・・・

どうですか~♪

不思議ですよね~♪

って説明しないとわからないかもしれませんね


実は五劫院の潜り戸の上の

『木の木目』が不思議なんです。


ジーっと見ていると

お釈迦様が見えてきませんか


ちょうど右に頭がある状態なんですよ。

仰向けになっておられる姿で

お釈迦様が寝ているように見えますよね??


これがなんとも不思議だということで

通称『寝釈迦』と言われ

七不思議の1つとして数えられています。


ちなみにお釈迦様が寝てる姿として

思い出すのは涅槃図(ねはんず)ですよね。


涅槃図の場合は頭は北の方角を向いているんですけれど

五劫院の柱のお釈迦様は西の方角を向いています。


これは西方浄土(さいほうじょうど)の方角を

向いているんだとも言われているんですね

※西方浄土とは、十万億の仏土を隔てたところにある極楽浄土の事です。


というわけで、今回は

出水通の七不思議、寝釈迦知られる五却院を

ご紹介しました♪


ちなみに残りの

出水通の七不思議を簡単にご紹介しますと

光清寺(こうせいじ)の浮かれ猫

華光寺(げこうじ)の時雨松

華光寺の五色椿

地福寺(ちふくじ)の日限薬師(ひぎりやくし)

観音寺の泣く山門

・極楽寺の二つ潜り戸

となっています。


後、ご紹介していないのは

地福寺だけとなりました


また機会があったら

ご紹介しますので

楽しみにしていてくださいね。


五却院の詳しい場所はコチラ↓


大きな地図で見る


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口