メモ2014-03-22
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その281

本日は解説と写真付きで

京都検定過去問を取り上げたいと思います。


3級~1級まで出題しているので

チャレンジしてみて下さいね


では1問目にいってみましょう。

【問題】

東本願寺の東側にある庭園(   )は、宣如(せんにょ)が、石川丈山(いしかわじょうざん)らとともに作庭した。

ア.楽水苑(らくすいえん)

イ.渉成園(しょうせいえん)

ウ.滴翠園(てきすいえん)

エ.有清園(ゆうせいえん)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

渉成園(枳殻邸)

イ.渉成園


渉成園は東本願寺の飛地(とびち・別邸)で

東に150メートルほど行った所にあるんですよ。

通称『枳殻邸(きこくてい)』とも呼ばれています。

※詳しくは、渉成園の記事をご覧ください。


選択肢の『ア.楽水苑』は

城南宮にある神苑です。

※詳しくは、城南宮 その3の記事をご覧下さい。


選択肢の『ウ.滴翠園』は

西本願寺にある枯山水庭園です。

京の三閣の1つ、飛雲閣があるんですよ


選択肢の『エ.有清園』は

三千院境内にあるお庭です。

※詳しくは、三千院の記事をご覧下さい。


続いては2問目です。

【問題】

茶室に至るまでの庭であり、わび茶のための空間として生み出された庭園である(   )は、「市中の山居」を理想とした。

ア.露地(ろじ)

イ.坪庭(つぼにわ)

ウ.通り庭(とおりにわ)

エ.枯山水(かれさんすい)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.露地


露地とは露地庭(茶庭)とも言い

茶室へ行くまでのお庭のことなんですね。


桂春院 侘の庭

桂春院にある『侘の庭(わびのにわ)』

茶室を演出する目的で作られたもので

通常、手水鉢や腰掛、雪隠(せっちん)

そして中門などがあります


露地庭

大法院の方丈前にある露地庭

もともとは

茶室に向かう通じる路として

『路次(路地)』と言われていましたが

江戸時代中期には

露地という字が使われるようになったみたいですよ。


3問目にいってみましょう。

【問題】

大倉財閥の創始者、大倉喜八郎(おおくらきはちろう)の別邸の一部であった東山の(   )は、伊藤忠太(いとうちゅうた)設計による昭和初期の名建築である。

ア.祇園閣(ぎおんかく)

イ.長楽館(ちょうらくかん)

ウ.伝道院(でんどういん)

エ.祇園甲部歌舞練場(ぎおんこうぶかぶれんじょう)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.祇園閣


祇園閣は1928年に建てられた

3階建ての建物で

長刀鉾

祇園祭の山鉾を模して

建てられたそうですよ

八坂神社と高台寺の真ん中に位置する大雲院(だいうんいん)境内にあります。


大倉喜八郎は、当初

金閣、銀閣に次ぐ銅閣を

建てたかったと言われています。


伊藤忠太は

明治~昭和にかけて活躍した

建築家です。

※祖父はシーボルトの弟子だったそうですよ。


法隆寺(ほうりゅうじ・奈良)が

世界最古の木造建築である事を示したり

平安神宮や明治神宮などの設計に携わった人なんです


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択問題ではありません。

ズバリでお答え下さい。


【問題】

花簪(はなかんざし)は、舞妓の髪を飾る装飾というだけでなく、季節を彩るシンボルとして、月ごとに決まった花簪を髪に挿すしきたりがある。9月の花簪は(   )である。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

桔梗(ききょう)


花簪は月ごとに

変えるだけでなく

キャリアによっても

違いがあるそうですよ


ちなみに各月ごとに挿す

かんざしの代表的なものは・・・


稲穂のかんざし

1月『松竹梅(1月15日までは稲穂)』

2月『梅』

3月『菜の花』

4月『桜』

5月『藤』

6月『柳』

7月『団扇』

8月『ススキ』

9月『桔梗』

10月『菊』

11月『紅葉』

そして

12月『まねき』

となっています。

※まねきとは、役者の名前が書かれた看板の事なんですよ。詳しくは、まねき上げ 2012(南座)の記事をご覧下さい。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?