メモ2014-01-10
テーマ:その他
関連:京のユニークな地名 その1 / 京のユニークな地名 その2 / 京のユニークな地名 その3 / 京のユニークな地名 その4 / 京のユニークな地名 その5 / 京のユニークな地名 その6 / 京のユニークな地名 その7 / 京のユニークな地名 その8 / 京のユニークな地名 その9 / 京のユニークな地名 その10 / 京のユニークな地名 その11 / 京のユニークな地名 その12 / 京のユニークな地名 その13 / 京のユニークな地名 その14 / 京のユニークな地名 その15 / 京のユニークな地名 その16 / 京のユニークな地名 その17 / 京のユニークな地名 その19 / 京のユニークな地名 その20 / 京のユニークな地名 その21 / 京のユニークな地名 その22 / 

京のユニークな地名 その18

『京のユニークな地名』では

京都に残る、一味違ったユニークな地名や町名

そして通りの名前をご紹介していますが

今回は、新たに4つの通りの名前をご紹介したいと思います


では、早速いってみましょう~!


・上長者町通(かみちょうじゃまちどおり)

京都市上京区(京都御所を含む、市の中心にある区)にある

東西の通りです

この長者とは・・

ズバリ!お金持ちを意味する億万長者から名付けられた

名前なんですね


京都御苑

上長者町通は京都御苑(御所)から西側に伸びる1.5キロほどの道です。これと平行して走るように、中長者町通(なかちょうじゃまちどおり)、下長者町通(しもちょうじゃまちどおり)もあるんですよ。


って事は、この通り沿いには大豪邸がズラリと並んでいる!?

と思われる方もいるかもしれませんが

それは、かつての話のようです。

では、いつの時代なのかと言うと・・戦国時代なんですね。


その頃、この地には、

裕福な『両替商人』が住んでいて、彼らを長者と呼んでいた事に由来するそうですよ。

※両替商人は、現在の銀行員のようなもので金融業を行う商人の事です。


・醒ヶ井通(さめがいどおり)

『井』と名がつくからには、なにやら井戸が関係している!?

と容易に想像がつくかもしれません。


なんとこの『醒ヶ井(左女牛井とも書く)』は

あの千利休も愛用していた井戸水で

京都三名水の1つと言われているんですね

※この井戸水が湧き出ている事から、そこを通る道を醒ヶ井通と名付けました。場所は、二条城の南東付近を南北に通っています。


この井戸水は、現在も

京菓子の老舗『亀屋良長(かめやよしなが)』の店先にて

湧き出ているんですよ。

※一般にも開放されているそうです。


染井

こちらは、京都三名水の1つ『染井(そめい)』です

梨木神社の井戸水として開放されています

※ちなみに、京都三名水の残る1つ県井(縣井・あがたい)は、すでに枯れてしまっていますが、京都御苑内に、井戸だけが残っているんですよ。


・切り通し(きりとおし)

え?これ本当に通りの名前なの!?と思わず言ってしまいそうな名前ですが

実際にあるんですね。

場所はドコかと言いますと・・・

祇園!


そうです、舞妓さんも闊歩する祇園です。

この『切り通し』は、南は四条通から北は白川南通りまでの

約180メートルほどの短い通りです。


辰巳神社

『切り通し』を北側に抜けると辰巳神社があります。『祇園』の象徴として、TVドラマやCMなどにも登場している有名な神社なんですよ。


巽橋

ちなみに、この『切り通し』の一部は

石畳の風情ある小道となっていて

四条通から北上し、最後にこの巽橋(たつみばし)を渡ると

先ほどの辰巳神社があります


・師団街道(しだんかいどう)

こちらは伏見区(京都市南部)を中心に、南北に伸びる通りです

この師団とは、大日本帝国陸軍第16師団の事なんですね

師団街道は市街地と16師団の駐屯地を結ぶ通りとして開かれたそうですよ。


ちなみに、第16師団は帝国陸軍の軍備拡張に伴い

1905年(明治時代38年)に誕生しました。

この時、多くの兵隊が

伏見区・深草の地にやって来たそうです


藤森神社

深草と言えば、藤森神社が有名です。競馬ファンが多数訪れる事でも知られています。


この周囲には、同様の軍用道路として

『第一軍道』『第二軍道』『第三軍道』もあり

現在もその名前が残っているんですよ!


という事で、今回は4つの『京都の通り』をご紹介させていただきました!


場所はこちら↓


より大きな地図で 京のユニークな地名 その18 を表示