メモ2013-12-24
テーマ:その他
関連:京のユニークな地名 その1 / 京のユニークな地名 その2 / 京のユニークな地名 その3 / 京のユニークな地名 その4 / 京のユニークな地名 その5 / 京のユニークな地名 その6 / 京のユニークな地名 その7 / 京のユニークな地名 その8 / 京のユニークな地名 その9 / 京のユニークな地名 その10 / 京のユニークな地名 その11 / 京のユニークな地名 その12 / 京のユニークな地名 その13 / 京のユニークな地名 その14 / 京のユニークな地名 その15 / 京のユニークな地名 その17 / 京のユニークな地名 その18 / 京のユニークな地名 その19 / 京のユニークな地名 その20 / 京のユニークな地名 その21 / 京のユニークな地名 その22 / 

京のユニークな地名 その16

今回ご紹介するのは・・・

京のユニークな地名です。

京都に残る、一味違った

ユニークな地名や町名、通りの名前を

ご紹介したいと思いますっ

では、早速いってみましょう~!


・土手町通(どてまちどおり)

京都の南北を走る通りです。

通りは途中で一時中断しますが

丸太町~二条通までと

上珠数屋町通(かみじゅずやちょうどおり)~七条通を

それぞれ結ぶ通りなんですよ


さて、名前の由来にもなっている土手ですが

これは一体何の土手なのかと言いますと・・・

天下人である秀吉が築いた


御土居址

御土居(おどい・京を囲む全長、約22.5km土塁)の事なのです。

※写真は、廬山寺のすぐ側に残されている御土居址です。御土居について詳しくは廬山寺 その1の記事をご覧下さい。


土手町通の名前は

この御土居を切り崩して通りにした事に

由来するんですね~。


・羽束師(はづかし)

京都の人なら、免許証の更新で訪れる場所として有名な

伏見区(京都市南部)にある地名です

※羽束師に、京都府警察自動車運転免許試験場があるんですよ。


漢字を見ただけでは、なかなか読めないですよね~。

さて、この羽束師とは何なのか?

羽?鳥に関する何かかな?それとも矢?

などと考えた人もいるかもしれませんが・・・


羽束師とは技術者を指す言葉で

このあたりで採掘される粘土を使って

土器を作っていた人の事をそう呼んだそうです

地理的には近くに川が流れ、良質の土を手に入れる事が出来たみたいですよ。


田中神社

こちらは、羽束師からも程近い田中神社です。近くの川とは桂川の事で、この田中神社は羽束師から川を隔てた向かい側にあります。

さらに、この名前を細かく読み解いてみると

『つか』・・・塚(土が小高く盛り上がる場所)

『かし』・・・河岸(川の岸辺)

などの言葉が入っていると言われているんですね。


・御陵上御廟野町(みささぎかみごびょうのちょう)

こちらは京都市山科区(やましなく・京都市東部)にある地名の1つです。

御陵(ごりょう)と書いて『みささぎ』と呼びます。

※みささぎは、御陵の古い読み方だそうです。


御陵といえば、天皇のお墓(天皇陵)の事ですよね


さて、この山科には

誰のお墓があるのかと言いますと・・・

天智天皇(てんじてんのう・第38代)です!


この天智天皇陵があった事から『御陵』や『御廟野』という地名が

付けられる事となったんですね。

※御廟(ごびょう)とは御魂を祀る建物の事を指します


ちなみに、町名には

御陵上御廟野町と御陵下御廟野町という2つが存在しています。

この他にも京都のいたる所に、天皇陵は存在します。


なので『御陵』という付く名前の町名は、山科以外にも

京都府京都市西京区御陵

京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町(りょうあんじごりょうのしたちょう)

があるんですよっ。


龍安寺

右京区龍安寺御陵ノ下町にある『龍安寺』です。世界遺産にもなっているお寺なんですよ。龍安寺に関しては龍安寺 その1龍安寺 その2の記事をご覧下さい。


京都以外にも天皇陵はありますから

『御陵』の地名はいろんなところで

使われているかもしれないですね。


・百足屋町(むかでやちょう)

思わず背中がゾクっとしちゃいますよね(汗)

だって・・あのムカデですから~!


南観音山

こちらの百足屋町は祇園祭の山鉾の1つである

『南観音山』の保存会がある町内としても知られています

※ちなみに、近い距離にもう1つ百足屋町というのが存在しますが、今回は南観音山保存会のある方の百足屋町についてご紹介します。


単純に町名の由来を考えたら

ムカデがかつてこのあたりに生息していたから!?

なんて思っちゃいますけど

実は、そうではなく

『百足屋』と呼ばれる屋号(お店)が由来となっているようです


なんと江戸時代初期より、『百足屋』と呼ばれるお店が

このあたりにあったようで

以後、町名として受け継がれる事となりました

さて、この『百足屋』がどんな店だったのか!?


実はそこまでは分かっていないそうなんですけど

『百足(ムカデ)』というのは

縁起の良い言葉だった事から屋号に

使われたのではないか?と言われています。


ムカデは足がたくさんある事から『客足がつく』つまり

お客さんがたくさん来るといった意味や

お金(銭)の事をそもそも「足」と呼んでいた事から

お金が集まる=商売繁盛と考えられていたみたいですよっ

※なぜ、お金の事を「足」というのかと言いますと、お金はあたかも足が生えているかのように、行ったり来たりする事が理由だそうです。


という事で今回は京のユニークな地名をご紹介させていただきました!


より大きな地図で 京のユニークな地名 その16 を表示