メモ2013-10-13
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その226

今回も京都検定の過去問をお届けします!

全部で4問、出題していますので

チャレンジしてみて下さいね


では早速1問目です。

【問題】

来年(2010)から一足早く3月に開幕を決めた上七軒の春の踊りはどれか。

ア.都をどり

イ.北野をどり

ウ.鴨川をどり

エ.京おどり

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.北野をどり


北野をどりは

北野天満宮

1952年、北野天満宮の1050年記念万灯祭で

披露された事ざ起源だと言われているんですよ


例年4月15日から25日まで行われていましたが

舞台の大規模改修工事を機に

2010年から3月25日から4月7日へと繰り上げられました。


北野天満宮の祭神・菅原道真の縁日にちなんで行われた

第1回開催の日(3月25日)に戻されたそうですよ。

※菅原道真について詳しくは、北野天満宮 その2菅大臣神社 その1の記事をご覧下さい。


続いて2問目です。

【問題】

鴨長明が『方丈記』を書いた草庵跡とされる長明方丈石は(   )にある。

ア.鳴滝(なるたき)

イ.下鴨(しもがも)

ウ.双ヶ丘(ならびがおか)

エ.日野(ひの)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.日野


日野は京都市伏見区にある地名で

方丈記の書かれた草庵跡には現在

長明方丈石という石標が建てられています


鴨長明は

日本3大随筆の1人に数えられていますが

元々は下賀茂神社の摂社

河合神社

河合神社』の禰宜(ねぎ・神職の一つ)の家に生まれた

神官の家系の人なんですよ。

※随筆とは現在で言う、エッセイの事です。


河合神社には方丈記が書かれたという草庵が再現され

鴨長明の方丈

中には入れませんが外から見学する事が出来るんですよ

※詳しくは、河合神社の記事をご覧下さい。


3問目にいってみましょう。

【問題】

東端に八坂神社、西端に松尾大社(まつのおたいしゃ)がある(   )通は、京都のメインストリートの一つである。

ア.北大路(きたおおじ)

イ.今出川(いまでがわ)

ウ.御池(おいけ)

エ.四条(しじょう)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.四条


四条通は

八坂神社

八坂神社の西楼門から

松尾大社

松尾大社まで真っ直ぐに伸びる

約8キロの道なんですよ


道路沿いには

南座

南座

御旅所の神輿

祇園祭で3基の神輿が鎮座する御旅所

などがあります。


祇園祭では多くの山鉾が

四条通に建ち並ぶんですよ。

※祇園祭について詳しくは、祇園祭の日程一覧をご覧ください。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい。


【問題】

室町幕府の将軍(   )は、京都五山(きょうとござん)を整備し南北朝の合体を実現するなど、幕府の全盛を築いた。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

足利義満(あしかがよしみつ)


足利義満といえば

室町幕府第3代将軍であり

金閣寺

通称・金閣寺と呼ばれる

鹿苑寺(ろくおんじ)を建てた事で有名ですよね。


彼は

公家のトップである『太政大臣』や

武家のトップである『征夷大将軍』という

2つの位を授かっている事や

明からは『日本国王』という称号をもらったりした事などから

最も天皇に近づいた人物と言われています


ちなみに京都五山

京都にある5つある臨済宗のお寺を

ランク付けした制度です。

※詳しくは、京都五山の記事をご覧ください。


という事で本日も過去問を4つ出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?