メモ2013-10-03
テーマ:史跡
関連:薩摩藩邸址(二本松藩邸) / 本能寺跡 / 坂本龍馬 中岡慎太郎 遭難之地 / 北野大茶湯之址 / お龍独身時代寓居跡 / 武市瑞山先生寓居之跡 / 名古曽滝趾 / 中岡慎太郎寓居跡 / 薩摩藩邸址(伏見藩邸) / 坂本龍馬避難の材木小屋跡 / 桂小五郎幾松寓居趾 / 明治維新 伏見の戦跡 / 高松殿址 / 古高俊太郎邸跡 / 源義経奥州首途之地 / 本間精一郎遭難之地 / 吉村寅太郎寓居跡 / 伊東甲子太郎外数名殉難之跡 / 菅家邸址 / 細川頼之公碑 / 平清盛公西八条殿跡 / 天明伏見義民顕彰碑 / 黒田如水邸跡 / 南蛮寺跡 / 

土佐藩邸跡

今回ご紹介するのは・・・

土佐藩邸跡

土佐藩邸跡(とさはんていあと)です


京都における、土佐藩の活動拠点であり

幕末には、武市半平太(たけちはんぺいた・瑞山)や

後藤象二郎(ごとうしょうじろう)、中岡慎太郎(なかおかしんたろう)

そして坂本龍馬など

土佐出身の人間が出入りしていた事で知られています。


場所はドコか?と言いますと

京都の繁華街である河原町(かわらまち)にあったんですね

※石碑は土佐藩邸跡の石碑は、南北を走る『木屋町通り』沿いに建っています。


ちなみに、現在この場所には

立誠小学校(りっせいしょうがっこう・1993年に廃校)

の校舎が建っています

※詳しい場所は記事の下部にある地図をご確認下さい。


では、続いて・・

土佐藩邸の広さはどのくらいあったのか!?

と言いますと、10,000㎡(約3000坪)程だと言われていますっ。


これだけ聞くと、かなり広いなぁと思いますけど

『薩長同盟』が行われた薩摩藩邸(現・同志社大学)の大きさは

なんと・・・その倍に近い

5805坪(9000㎡)もあったそうです!


広すぎます

※薩摩藩邸は京都に3つあり、薩長同盟が行われたのは二本松藩邸(にほんまつはんてい)になります。『薩長同盟』に関しては木屋町界隈の史跡 その1をご覧下さい。


ということで、気になったので長州藩邸の広さについても

調べてみると、大きさは土佐藩邸と同じく約3000坪でした~。


こま札

さて、幕末のヒーロー『坂本龍馬』も

足を運んだと言われる土佐藩邸ですが

実際にはあまり寄り付かなかったようですね。


ですが、彼が土佐藩邸に足を踏み入れた事は、史実として残されているそうです


龍馬は当初、脱藩の身であり罪人でしたが

江戸にて勝海舟に弟子入りした事がきっかけで、彼のとりなしにより

山内容堂(やまうちようどう・元土佐藩主)から『脱藩の罪』を許されたんですね。


この時、土佐藩邸で7日間の謹慎を命じられ

晴れて脱藩罪を免除されたようです


しかし龍馬は同年(1863年)出された

土佐への帰国命令を無視した事で、再び脱藩の身となりました・・


ちなみに、土佐藩邸の近くには、有名な建物も数多くあったんですね。

いくつかご紹介しますと・・


・池田屋(いけだや)

土佐藩邸から約300メートル北にあった旅籠屋(はたごや・旅館)です。

1864年に起きた池田屋事件の現場はココですよ~。

※池田屋事件について詳しくは木屋町界隈の史跡 その2をご覧下さい。


・酢屋(すや)

こちらも、土佐藩邸から約300メートルほど北にある建物で

この2階の部屋に龍馬は『才谷(さいたに)』の変名で泊り込んでいた事で

知られています。海援隊の屯所にもなっていました。

こちらは現在も、建物は残っています。


・近江屋(おうみや)

龍馬と中岡慎太郎が暗殺された場所で知られる近江屋は

土佐藩邸と、河原町通りを挟んで向かいにありました

当時、土佐藩邸は河原町通りに面するように

敷地が広がっていたそうですよ~。

※酢屋や近江屋については、坂本龍馬ゆかりの地巡りをご覧下さい。


さて!皆さんもご存知の通り

明治維新によって、江戸幕府は260年の歴史に幕を下ろします。


土佐藩邸は、1871年までこの地にあったそうで

その後、昭和に入り立誠小学校の校舎が建てられたというワケです


ちなみに藩邸内には

この地の産土神(うぶすながみ・その土地を守る神様)として

篤い信仰を受けていた稲荷神社があったそうで

一般の方でも自由に参拝出来る様に

開放されていました


土佐藩邸が取り壊される際

稲荷神社だけは、なんとかこの地に残しておこうという事となり

土佐稲荷札

現在も土佐藩邸から程近い場所に土佐稲荷(とさいなり)として

社が構えられているんですよっ

※土佐稲荷については土佐稲荷(岬神社)の記事をご覧下さい。


という事で今回は、土佐藩邸跡をご紹介させていただきました。

場所はコチラ↓


大きな地図で見る