メモ2013-08-23
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その209

京都検定の過去問を出題したいと思います

詳しい説明と写真付きなので

チャレンジしてみてくださいね。


では早速1問目です。

【問題】

鞍馬・貴船は、観光ポイントであり、自然観察の適地でもある。その昔、牛若丸も修行した鞍馬山には(   )がある。

ア.瀬見の小川(せみのおがわ)

イ.木の根道(きのねみち)

ウ.半木の森(なからぎのもり)

エ.深泥池(みどろがいけ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.木の根道


木の根道は

地面に木の根が露出した約1キロの道です。

鞍馬寺

鞍馬山にある鞍馬寺の本堂

本殿金堂(ほんでんこんどう)から

貴船神社

貴船神社へと抜ける道で

ハイキングコースとして人気なんだそうですよ


牛若丸こと

源義経(みなもとのよしつね)は

この場所で天狗を相手に修行をしたと言われています。


続いては2問目です。

【問題】

後白河上皇の勅願により建立され、千体の木造千手観音立像(重文)が安置されている寺院はどこか。

ア.智積院(ちしゃくいん)

イ.三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)

ウ.長講堂(ちょうこうどう)

エ.法住寺(ほうじゅうじ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

三十三間堂

イ.三十三間堂


三十三間堂

平清盛が寄進したお寺として有名で

正式名称を『蓮華王院(れんげおういん)』と言います。


日本一の大天狗と言われた

後白河上皇(第77代天皇)が

仕事と住まいを兼ね備えていた

法住寺殿(ほうじゅうじどの)』の一画

に建てられたそうです。


堂内にある千手観音立像は

鎌倉時代を代表する仏師である

湛慶(たんけい)により作られたそうですよ

※詳しくは三十三間堂の記事をご覧ください。


3問目にいってみましょう。

【問題】

斎場所大元宮

応仁の乱後、唯一神道を唱えて、神楽岡(かぐらおか)に全国の神々を合祀して大元宮を建立した人物は誰か。

ア.一条兼良(いちじょうかねよし)

イ.秦伊呂具(はたのいろぐ)

ウ.藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)

エ.吉田兼倶(よしだかねとも)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.吉田兼倶


京都大学のすぐ側にある神楽岡は

京都の鬼門に位置する場所です。


吉田兼倶は

卜部氏(うらべし・朝廷に仕える占い師)出身の人物で

主に出航の日や田植えの時期などに関わる吉凶を

占っていたと言われています

※彼の子孫には、三大随筆の1つ『徒然草』を書いたとして有名な吉田兼好(よしだけんこう)がいるんですよ。


そんな彼が吉田神道(よしだしんとう・唯一神道)を起こし

吉田神社を全神道の頂点に位置付けたと言われています。


ちなみに大元宮は吉田神社境内にあり

大元宮

本殿は独特の形をした八角形の建物なんですよ

※詳しくは吉田神社の記事をご覧下さい。


では、最後の問題です。

1級からの出題になりますので

ズバリでお答え下さい!


【問題】

東福寺の三門

東福寺の歩廊橋のなかでも、方丈と開山堂を結んでかかる(   )の一帯は、京都を代表する紅葉名所のひとつである。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

夏の通天橋

通天橋(つうてんきょう)


紅葉の名所として知られる東福寺は

『東大寺』規模の大きさと

『興福寺』の教えの素晴らしさを習って

『東』『福』の1文字ずつを取り

名付けられたと言われています。

※東福寺について詳しくは、東福寺 その1東福寺 その2の記事をご覧ください。


通天橋は1380年

春屋妙葩(しゅんおくみょうは・南北朝時代の僧)により

架けられた橋で

入り口には彼の筆による

『通天橋』と書かれた額が飾られています


通天橋と通天もみじ

通天橋から見えるもみじは

光沢のある葉がとても美しく

通称『通天もみじ』と呼ばれているんですよ。

※正式名称をトウカエデ(唐楓)と言う中国産の楓なんだそうです。


という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?