メモ2013-08-15
テーマ:祭り・イベント

松ヶ崎題目踊り・さし踊り 2013(涌泉寺)

今回ご紹介するのは

涌泉寺(ゆうせんじ)で行なわれた・・・

松ヶ崎題目踊り・さし踊り

松ヶ崎題目踊り・さし踊りです


松ヶ崎題目踊りは約700年の歴史をもつ

日本最古の盆踊りと言われ

京都市の登録無形民俗文化財に指定されています。

※毎年、8月15日、16日に行われています。


涌泉寺は京都市の北部

松ヶ崎(まつがさき)と呼ばれるエリアにあるお寺で

かつて、この辺りにあった

『妙泉寺』と『本涌寺』が1981年に

合併して出来たと言われています。

※名前は2つのお寺から取られたんですよ


涌泉寺

松ヶ崎題目踊りの起源を説明しますと


1294年、妙泉寺(天台宗)の住職だった

実眼(じつがん)がある時

日像(にちぞう・日蓮宗の僧)の教えに感動し

日蓮宗に改めます。


村人にも改宗を勧めますが

なかなか上手くいかなかったので

日像に頼むんですね。


旧暦の7月14日~16日の3日間

日像に日蓮宗の教えを説いてもらった所

村人全員が改宗します。


その事に、あまりにも感激した実眼は

踊りながら

自ら太鼓を叩き、「南妙法蓮華経」と唱えると

村人も「南妙法蓮華経」と唱え踊った事が

盆踊り(題目踊り)の始まりと言われているんですよ


自分が改宗した日蓮宗の教えを

村人に理解してもらえたことが

とても嬉しかったという事なんですかね~


後水尾天皇と書かれた提灯

また後水尾天皇(ごみずのおてんのう・第108代)が

妻である東福門院(とうふくもんいん)らを連れて鑑賞した事にちなんで

提灯には後水尾天皇の名前が書かれています


それでは早速レポートしていきましょう。

20時から本堂で

法要

20分程、法要を行った後

まず最初に松ヶ崎題目踊りが行われます。


踊りを披露するのは

『立正会(りっしょうかい)』と呼ばれる

涌泉寺の檀家さん達です。


ちなみに、この方々は京都の夏の風物詩である

『五山の送り火』で

『妙』と『法』の文字に

点火をしている方たちなんですよ

※五山の送り火について詳しくは、大文字 2010大文字 2011の記事をご覧ください。


境内の中央に置かれた太鼓の

東側に男性、西側に女性

それぞれ10人程が並ぶと、独特の節回しで

お題目「南妙法蓮華経」を唱え

いよいよ、松ヶ崎題目踊りが始まります。


踊り手の男女は

松ヶ崎題目踊り

太鼓を中心に輪となり

ゆっくりとしたテンポで

反時計回りに周ります。


手に持った扇子の

表と裏を交互にしながら

膝に当てて踊るんですね~


この時、女性は少し前かがみになった姿勢で

踊ります


20分程、踊り続けた後は

少し休憩を挟み

さし踊り提灯

さし踊りが行われます。


太鼓が撤去され、今度は中央に

櫓

屋根付きの櫓(やぐら)が設置されると

音頭取りの男性8人が、中に入ります。


櫓を中心に踊り手が輪になると

音頭取りが歌い始め

数人の踊り手が拍子木を打ちながら

今度は時計回りで踊ります


さし踊り

この盆踊りも、古くからこの地に伝わるものだそうですよ。

毎年、題目踊りとセットで行われています。


さし踊りは立正会の方だけでなく

一般の子供や大人も混じって踊っていました


盆踊りの様子は動画でご覧ください。


ちなみに明日は

五山の送り火が終わる

21時頃から始まるので

気になった方は足を運んでみて下さいね。


そんな題目踊り・さし踊りの行われた涌泉寺はコチラ↓


大きな地図で見る


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口