メモ2013-08-09
テーマ:神社

六所神社(上花山旭山町)

今回ご紹介するのは

京都市山科区にある神社・・・

六所神社

六所神社(ろくしょじんじゃ)です

まず最初にご説明しますと

山科区には2つの六所神社がありまして

今回ご紹介するのは

上花山旭山町(かみかざんあさひやまちょう)にある六所神社になります。

※もう一方の六所神社は北花山大峰町(きたかざんおおみねちょう)にあります。


ここは幕末~明治期にかけて官軍として

活躍した『山科郷士隊』のリーダー

比留田権藤太(ひるたごんのとうた)を輩出した比留田氏が建てた神社なんですねっ


六所神社由緒

創建は1543年、比留田氏によって

上花山村一帯の氏神社として創建されました

当時、この辺りは朝廷の所有地であり農作物を育てていたようで

比留田氏は、この領地を管理していたようです。

※もとは近江国(滋賀県)にいたとされ、文献によると室町時代に山科の地にやって来たと言われています。


参道

長い参道を歩くと奥に拝殿が見えます。


さて、この六所神社という名前ですが

これは六柱の祭神を祀っている神社や

6つの神社が合併した時などに用いられる名前だそうで

全国的に同名の神社が多数あります

※京都も山科に2つ、この他に京都府相楽郡(そうらくぐん)にも同名の神社があります。


拝殿

こちらが拝殿です。社殿は昭和に入ってから再建されたそうですよ。


拝所

拝所そして、本殿になります。


では、こちらの六所神社に祀られている

六柱をご紹介したいと思います


・稲荷大神(いなりおおかみ)

神話では宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)などの名前で登場する神様で『食物神』とされています。

全国の稲荷神社に祀られているのもこの神様なんですよ


・日吉大神(ひよしおおかみ)

平安京の鬼門を守る日吉大社の神様だと思われます。災難除けなどのご利益があります。日吉大社については猿ヶ辻(京都御所)の記事をご覧下さい。


・熊野大神(くまのおおかみ)

もともとは、熊野詣(くまのもうで)で有名な紀伊半島南部、和歌山と三重の県境にある熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の神様です。熊野詣は平安時代に天皇家で流行った参拝なんですよ。詳しくは詳しくは京都3熊野の記事をご覧下さい。


・松尾大神(まつのおおおかみ)

松尾大社にも祀られている大山咋命(おおやまくいのかみ)の事です。大山に杭を打つという事から、山を支配する神様と言われています。


・客人大神(まろうどおおかみ)

具体的な神様の名前ではないようで、他の地よりやって来た(勧請された)神様の総称のようです。


・八幡大神(はちまんおおかみ)

源氏の氏神であり、応神天皇(おうじんてんのう・第15代天皇)の神霊とされています。詳しくは京の八幡宮巡りの記事をご覧下さい。


さて、冒頭でもお話した通り

天皇の領地を守ってきた比留田氏ですが

幕末期、日本は黒船来航をきっかけに

大きな転換期を迎えます。


15代将軍慶喜が大政奉還し

それまでの封建制度の仕組みから、新しい日本に変わろうとしていました。

そんな中、この山科では『山科郷士隊』が結成されたんですね。


ちなみに結成されたのは

徳川慶喜が大政奉還(政治運営を幕府から朝廷に返上)をした1867年です


結成のきっかけには

あの岩倉具視(いわくらともみ・幕末の公家で維新五傑の1人)が

関わっていたとも言われているんですよ~。

※岩倉具視については岩倉具視幽棲旧宅の記事をご覧下さい。


末社の祠

こちらは末社の祠になります。愛宕大神が祀られているそうです。


その中核にいたのが・・

比留田権藤太(ひるたごんのとうた)という人物です。


近江国(滋賀県)出身であった彼は

比留田家の養子となった後、山科(天皇の領地)の政務と取り仕切っていた

いわば・・・山科のリーダーというべき存在でした!

彼を中心に勤皇思想のもと『山科郷士隊』が結成され

御所の警護などを行なっていたようです

※隊員は160~180名ほどで、その多くが農業をしながら、刀も振っていたそうですよ


こうして結成された『山科郷士隊』は

鳥羽・伏見の戦い(1868年)では御所の警護を行い

その後、戊辰戦争(ぼしんせんそう)にも官軍として参加したんですね。

※鳥羽伏見の戦いについて詳しくは御香宮神社 その1の記事をご覧ください。


そして、この他にも

東京奠都(とうきょうてんと)により江戸が東京に改められ

天皇を中心に多くの公家らが、京都から東京に行幸を行なった際

警護を長州藩や土佐藩らと供に行なったと言われているんですよ~!


そんな比留田氏ゆかりの

六所神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る