メモ2013-08-02
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その202

京都検定の過去問より

4問出題させて頂きます。


早速、1問目にいってみましょう

【問題】

応仁元年(1467)、応仁の乱の戦端が開かれたとされる場所はどこか。

ア.上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)

イ.下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

ウ.首途八幡宮(かどではちまんぐう)

エ.護王神社(ごおうじんじゃ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

上御霊神社

ア.上御霊神社


応仁の乱は

次期、室町幕府将軍の後継者争いがきっかけとなり

1467年に起こった乱です


京都だけでなく

全国各地でも争いが起こり

戦国時代へ突入するきっかけとなったと言われています。

※応仁の乱について、詳しくは銀閣寺(慈照寺)の記事をご覧下さい。


上御霊神社は794年

桓武天皇(かんむてんのう)が

早良親王(さわらしんのう)の御霊を祀ったのが

始まりと言われています。


鳥居横には

『応仁の乱勃発地』と書かれた

石碑が建てられているんですよ


続いて2問目にいってみましょう。

【問題】

徳川家康が征夷大将軍の宣下を受けるに際し、上洛時の宿所や京都の警衛のために造営した城は何か。

ア.亀山城

イ.二条城

ウ.伏見城

エ.淀城

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

二条城

イ.二条城


二条城は徳川初代将軍

徳川家康(とくがわいえやす)により

建てられたお城です。


世界遺産にも指定され

現在は京都市により管理されています。


ちなみに上洛の際に利用されていた二条城ですが

家康に続いて秀忠(ひでただ・2代目)

家光(いえみつ・3代目)により利用された後は

14代目将軍、家茂(いえもち)まで利用されなかったそうですよ


その後は、皆さんご存知の通り

徳川家最期の将軍、慶喜(よしのぶ・15代目)により

大政奉還が行われました。

※二条城について詳しくは、二条城 その1の記事をご覧ください。


【問題】

祇園祭の宵山の3日間は、山鉾町の旧家などで秘蔵の美術品などを見られることから、(   )ともいわれる。

ア.お迎え提灯

イ.屏風祭

ウ.献茶祭

エ.宵宮祭

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.屏風祭


宵山の3日間とは

山鉾巡行

7月17日に行われる山鉾巡行より以前の

14日、15日、16日の事です。


山鉾町とは

山や鉾を出している町の事で

美術品などを飾って宵山を盛り上げています。


屏風祭とは飾られる美術品の中で

屏風が多かった事から

そう呼ばれるようになったそうですよ


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択肢ではありません!

ズバリでお答え下さい。


【問題】

平安京大内裏(だいだいり)の南中央に位置した施設(   )は、天皇の即位式など国家的行事に使われ、その正殿は大極殿(だいごくでん)と呼ばれる。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

朝堂院(ちょうどういん)


大内裏とは皇居や官庁のあった場所で

平安京の北部中央に位置していたと言われています


朝堂院(ちょうどういん)は大内裏の南中央に位置し

平安京の政庁(せいちょう・政治の中枢を担っていた建物群)です。


そんな朝堂院を8分の5サイズに縮尺し

復元したのが

平安神宮

平安神宮なんですよ。

※詳しくは、平安神宮の記事をご覧ください。


という事で本日も過去問を4つ出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?