メモ2013-04-30
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その169

今回は京都検定の過去問をお届けします。


写真と解説付きですので

是非、問題にチャレンジしてみて下さいね


では早速1問目です。


【問題】

嵯峨野はかつて皇族や貴族の別業(なりどころ)の地であり、嵯峨天皇の離宮が現在の(   )となった。

ア.二尊院

イ.清凉寺

ウ.大覚寺

エ.常寂光寺

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

大覚寺

ウ.大覚寺

嵯峨野は京都市西部の地名の1つです。

ここに、桓武天皇の皇子である

嵯峨天皇が離宮を建てたんですね

現在の大覚寺は、これを起源とするお寺です。


毎年4月に行なわれている華道祭では

嵯峨天皇を偲び、献花法要も行なわれているんですよ。

※大覚寺について詳しくは大覚寺 その1大覚寺 その2の記事をご覧下さい。


続いて2問目です!


【問題】

平安神宮の神苑

平安神宮の神苑には、(   )の水を引き込んだ池泉回遊式庭園がある。

ア.琵琶湖疏水

イ.鴨川

ウ.高瀬川

エ.音羽川

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.琵琶湖疏水

平安神宮の神苑

平安神宮の神苑は

社殿(対極殿や本殿)の両脇・後ろを取り囲むように

コの字型に広がるお庭で、池の周囲を歩きながら楽しむ事が出来ます。


平安神宮の社殿と同様に

スケール感のある大きさ(総面積3300㎡)が特徴なんですよ


『桜の名所の1つ』に数えられ

園内には約300本の桜が花を咲かせます。

※桜の様子については平安神宮 神苑 その1、平安神宮 神苑 その2の記事をご覧下さい。


ちなみに、平安神宮

琵琶湖の疎水が京都市内に引き込まれた

10年後に建てられました。


では3問目にいってみましょう


【問題】

江戸時代、狩野派(かのうは)の本家は江戸へ移り「江戸狩野」を形成する一方、(   )らは京都に残って活躍し、「京狩野」と呼ばれた。

ア.狩野探幽(かのうたんゆう)

イ.狩野正信(かのうまさのぶ)

ウ.狩野元信(かのうもとのぶ)

エ.狩野山楽(かのうさんらく)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.狩野山楽

狩野派とは、室町時代後期より続いた絵師の名家です。

その狩野派でしたが

豊臣家の滅亡後、将軍おかかえ絵師だった狩野派は

京狩野と江戸狩野に分かれる事になりました


こうして京都に残ったのが狩野山楽であり

以後、京狩野の祖と呼ばれるようになったというワケです

紅白梅図

彼の屏風画は大覚寺の寝殿にて、見る事が出来ます。

※上記の写真は紅白梅図(こうはくばいず)と言います。詳しくは大覚寺 その1の記事をご覧下さい。


最後の問題です。

1級からの出題になりますので、ズバリでお答え下さい。


【問題】

大江山の鬼退治の伝説・説話で有名な(   )は、多田源氏(ただ)の祖、満仲の子で、藤原道長に仕えた。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

源頼光(みなもとのよりみつ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

彼は平安時代中期の武将で、清和源氏のひ孫にあたります。

当時は藤原家全盛の時代であり

彼は藤原道長に仕え、朝廷を守っていました。

そんな源頼光が登場する『大江山の鬼退治』とは

大江山に住む酒呑童子(しゅてんどうじ・鬼)が

平安京にやって来ては、都の人々に危害を与えていた為。

勅命を受けた源頼光らが退治しにいくというものです。


仲間だと言って酒呑童子に酒呑ませ

酔っ払った所を退治しちゃうんですね。

土蜘蛛

源頼光にまつわるお話はいくつかあり

念仏狂言狂言においても、彼の名前は登場します


土蜘蛛という演目で、このお話では

頼光らは、土蜘蛛と戦っています。

※詳しくは千本ゑんま堂大念佛狂言 2012(千本ゑんま堂)の記事をご覧下さい。


という事で本日も4門出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?





イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口