メモ2013-04-20
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その166

今回も京都検定の中から

過去問をお届けしたいと思います。

気軽にチャレンジしてみて下さいね


それでは1問目にいってみましょう。

【問題】

丸い白餅に紅の菱餅と味噌餡を置き、甘煮のゴボウをはさんだ正月を代表する伝統菓子はどれか。

ア.あぶり餅

イ.はなびら餅

ウ.栗餅

エ.鎌餅

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

二條若狭屋のはなびら餅

イ.はなびら餅


はなびら餅は正式名称を『御菱葩(おんひしはなびら)』と言い

もともとは宮中で食べられていた、おせちに由来しています


裏千家(茶道流派の1つ)が

初釜(はつがま・新春の茶道の稽古始にあたる日)で使った事をきっかけに

全国各地の和菓子店で正月の季節菓子として広まりました。

※詳しくは、二條若狭屋の記事をご覧ください。


2問目にいってみましょう。

【問題】

伏見稲荷神社

2月の初午(はつうま)の日に伏見稲荷大社にお参りし、食べると縁起が良いと伝えられるのはどれか。

ア.赤貝ととり貝のてっぱい

イ.畑菜の辛子和え

ウ.棒鱈とえびいもの炊き合わせ

エ.あらめと揚げの炊き物

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.畑菜の辛子和え


初午とは

2月最初の午の日(日付を干支に当てはめた日)の事です。

この日に伏見稲荷の祭神を

秦伊呂具(はたのいろぐ・秦氏の棟梁)が祀った事から

初午の日には『初午大祭』が行われています


畑菜という名前は秦伊呂具から付けられたとも言われる

京都の伝統的野菜なんですよ。


そして辛子はキツネの好物であるという事から

初午の日に畑菜の辛子和えを食べると縁起が良いとされています。


続いて3問目です。

【問題】

東福寺・三門

11月23日、東福寺の塔頭正覚庵(しょうがくあん)で火中に投じて供養するものはどれか。

ア.針

イ.櫛

ウ.人形

エ.筆

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.筆


正覚庵は通称『筆の寺』とも呼ばれ

伊達政依(だてまさより・伊達宗家4代目当主)が

1290年に創建したと言われています。


11月23日に行われる『筆供養』では

筆を使って作られた筆みこしが

東福寺境内を練り歩いたり

護摩の火で奉納された筆を焚き上げる

法要が行われるんですよ


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択肢ではありません

ズバリでお答え下さい!


【問題】

東福寺・本堂

東大寺と興福寺から一字ずつを取って東福寺を造営し、鎌倉幕府と親密な関係を結んで権勢をふるった公卿(くぎょう)は誰か。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

九条道家(くじょうみちいえ)


九条道家は源頼朝の姪を母に持つ

鎌倉時代の公卿(国政を担う職位であり高官)です。


子供には鎌倉幕府4代将軍・頼経(よりつね・息子)や

5代将軍・頼嗣(よりつぐ・孫)がいるんですよ


東福寺はそんな彼の発願より

東大寺からは規模の大きさを

興福寺からは教えの素晴らしさを習って

『東』『福』の1文字ずつを取り名付けられたお寺です。

※東福寺について詳しくは、東福寺 その1東福寺 その2の記事をご覧ください。


という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?