メモ2013-02-22
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その143

こんにちは京子です!

今回も、京都検定の過去問をお届けします。


写真と解説付きですので

是非、問題にチャレンジしてみて下さい


では1問目です。


【問題】

室町幕府8代将軍の足利義政は3代将軍の義満を慕い、(  )を造った。

ア.金閣(きんかく)

イ.銀閣(ぎんかく)

ウ.飛雲閣(ひうんかく)

エ.呑湖閣(どんこかく)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

銀閣

イ.銀閣

銀閣(観音殿)は、慈照寺(じしょうじ・通称:銀閣寺)にある建物の1つです。


銀箔が貼られていないのに

どうして銀閣と言われるようになったのか?と言いますと

一番、有力な説としては

「錦鏡池(銀閣の前に広がる池)に太陽の光が反射して

銀閣をキラキラと輝かせたから」だそうです


2007年の調査により

観音堂には銀箔が貼られた形跡も無い事から

以上の説が有力だと言われているんですよ

※銀閣寺や観音殿について詳しくは銀閣寺(慈照寺)の記事をご覧下さい。


では2問目にいってみましょう!


【問題】

疫神(えきじん)を祀ったのが由来とされる(   )は、「紫野社」ともいわれ、境内には西陣機業者が祀った織姫神社もある。

ア.今宮神社(いまみやじんじゃ)

イ.大田神社(おおたじんじゃ)

ウ.建勲神社(たけいさおじんじゃ)

エ.平野神社(ひらのじんじゃ)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

今宮神社

ア.今宮神社

今宮神社

疫神を祀っていた社を起源とする神社で

京都3大奇祭の1つ『やすらい祭』が行われる事でも有名です


織姫神社(織姫社)

問題にもある境内末社『織姫神社(織姫社)』は

織物の祖神と言われる

栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)を祀る神社であり

11月11日の『西陣の日』には

西陣織工業組合が中心となり

毎年、式典が行われているんですよ


この他にも、使い古したネクタイを供養する

『ネクタイ供養』なども行われています

※ネクタイ供養に関しては、ネクタイ供養 2012(織姫社)の記事をご覧下さい。


では3問目ですっ。


【問題】

平安時代に造られた嵯峨天皇の離宮・嵯峨院の遺構として、大覚寺・大沢池のほとりに残っているのは何か。

ア.慈眼堂(じげんどう)

イ.厭離庵(えんりあん)

ウ.棲霞観(せいかかん)

エ.名古曽滝(なこそのたき)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

名古曽滝趾

エ.名古曽滝

大覚寺の境内にある大沢池のほとりには

名古曽滝趾』と書かれた石碑が建っています


かつて、ここには滝が流れていたようで

小倉百人一首でも知られる

藤原公任(ふじわらのきんとう)が

すでに無くなってしまった滝を惜しんで

句を残しています。


そんな句の一説である『名こそ流れて』という歌の部分から

名古曽滝という名前が付けられ

現在は、その場所に石碑が建っているんですね


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択肢ではありません!

ズバリでお答え下さい。


【問題】

西本願寺

京の三閣の一つ、飛雲閣がある西本願寺の庭園を何というか。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

滴翠園(てきすいえん)

境内の南東隅に位置する枯山水庭園で

1958年に国の名勝として認定されました。


庭には大きな石がいくつも配置されているのが

特徴的で

西本願寺の門徒3000人によって運び込まれたと

言われています。


江戸時代中期には、10箇所におよぶ

庭の見所を上げた『滴翠園十勝』が制定されました


庭園にある建物、茶室、橋、島、湧き水など

以下の10箇所が見所と言われているんですよ。

・飛雲閣

・滄浪池(そうろうち)

・龍背橋(りゅうはいきょう)

・踏花塢(とうかう)

・胡蝶亭(こちょうてい)

・嘯月坡(そうげつは)

・黄鶴台(おうかくだい)

・艶雪林(えんせつりん)

・醒眠泉(せいみんせん)

・青蓮榭(せいれんしゃ)


ちなみに飛雲閣は

秀吉の建てた聚楽第の遺構と言われています。


という事で、本日も4問出題させていただきました

皆さんは何問正解されましたか?