メモ2013-02-13
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その138

こんにちは京子です!

今回は、京都検定の過去問をお送りします


写真と解説付きですので

是非チャレンジしてみて下さいね!


では早速1問目です。

【問題】

烏相撲

9月9日、重陽神事の後、子供たちによる烏相撲(からすずもう)が行われる神社はどこか。

ア.市比賣神社(いちひめじんじゃ)

イ.上賀茂神社(かみがもじんじゃ)

ウ.車折神社(くるまざきじんじゃ)

エ.大原野神社(おおはらのじんじゃ)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

イ.上賀茂神社

立砂前にて「カーカーカー」と烏の鳴き真似をする作法が

大変有名な烏相撲は

子供達が上賀茂神社の境内で

相撲を取る神事です。

平安時代から続く、歴史あるもので

京都市無形登録文化財にも指定されているんですよっ

※烏相撲について詳しくは烏相撲 2012(上賀茂神社)の記事をご覧下さい。


続いて2問目です。

【問題】

鷁首舟

中秋の名月のとき、龍頭舟(りゅうとうせん)や鷁首舟(げきしゅせん)を浮かべ「観月の夕べ」が催される場所で、日本三大名月観賞地の一つとされているのはどこか。

ア.嵐山

イ.神泉苑

ウ.平野神社

エ.大覚寺

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

大覚寺

エ.大覚寺

観月の夕べは

大覚寺境内の大沢池に2艘の船を浮かべて

お月見をするイベントです。


船上では、お茶の接待や

嵯峨天皇の離宮(大覚寺)にちなみ

彼が詠んだ詩などが披露されます

※観月の夕べについて詳しくは観月の夕べ 2011(大覚寺)の記事をご覧下さい。


ちなみに『日本三大名月観賞地』は・・

・大覚寺の大沢池

・興福寺(奈良県)側の猿沢池

・石山寺(大津)

なんだそうですよっ


では3問目です!

【問題】

鳳凰堂

宇治の平等院には、雲に乗って楽器を演奏したり、舞うなど、さまざまな姿をした52体の菩薩像である(   )(国宝)がある。

ア.地蔵菩薩像

イ.雲中供養菩薩像

ウ.十一面観音菩薩立像

エ.鳳凰

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

イ.雲中供養菩薩像(うんちゅうくようぼさつぞう)

鳳凰堂にて安置されている雲中供養菩薩像は

平安時代後期の仏師『定朝(じょうちょう)』によって

作られたものです


様々な姿をしているこれらの菩薩は

極楽浄土の様子を表現していると言われているんですよ

※鳳凰堂や雲中供養菩薩像については、平等院の記事をご覧下さい。


では、最後の問題です!!

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい。


【問題】

粽

祇園祭の粽に付けられた御符には、牛頭天王の故事にちなんで何と書かれているか。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

蘇民将来之子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)

牛頭天王(ごずてんのう)は八坂神社の祭神でもある

素戔嗚尊(すさのおのみこと)と同一視されている神様です。


備後国風土記(びんごのくにふどき)に記された話によると

蘇民将来と巨旦将来(こたんしょうらい)という

2人の兄弟がいました。


ある晩、素戔嗚尊が宿を求めてきた際に

裕福だった兄(巨旦将来)は、彼の宿泊を断り

貧しい弟(蘇民将来)は、彼を歓迎して迎え入れました。


貧しいながらも

おもてなしをしてくれた事に感動した素戔嗚尊は

蘇民将来の子孫を疫病から免れさせる事を約束し

その目印として

腰に『茅の輪』を付けさせたと言われています

※結果的に茅の輪を持った者は、疫病より免れる事が出来たそうです。


蘇民将来之子孫也

この茅の輪や、粽に付けられた御符に

『蘇民将来之子孫也』という言葉が書かれているんですね。


つまり・・

「私は蘇民将来の子孫なので、どうか病気や災いから守って下さいね

という意味が込められているというワケです

※詳しくは祇園祭 2012 疫神社夏越祭(疫神社)の記事をご覧下さい。


という事で、本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?