メモ2013-02-04
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その135

こんにちは京子です。

今回は京都検定の過去問から

合計4つの問題を取り上げてみたいと思います。

是非、チャレンジしてみてくださいね


それでは早速、第1問目に行ってみましょう。

【問題】

端午の節句に欠かせない菓子である(   )は、悪霊を払うとされる。また、祇園祭では食用ではなく、家の門口に吊るし厄除けにするのが一般的である。

ア.柏餅

イ.行者餅

ウ.ちご餅

エ.粽

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

祇園祭・長刀鉾の粽

粽(ちまき)


端午の節句は5月5日の事で

別名『こどもの日』とも言います。


鯉のぼりをあげたり

粽を食べたりして

男の子の成長を祝う日ですよね


粽を食べるようになった経緯については

様々な諸説があります。

理由の1つとして

中国で節句の日に粽が配られていた事が

起源だと言われています


川で身を投げ死んだ

『屈原(くつげん・国王の側近)』の供物として

粽を川に投げ入れた事をきっかけに

以後、彼が死んだ命日(5月5日)に粽を作って親戚等へ配ったそうですよ。


ちなみに祇園祭の粽は

素戔嗚尊(スサノオノミコト)が蘇民将来(そみんしょうらい)に渡した

腰に付けておくと疫病から守られるという『茅の輪(ちのわ)』が元になっています。

※詳しくは、祇園祭 2012 疫神社夏越祭(疫神社)の記事をご覧ください。


続きまして、第2問目に行ってみましょう。

【問題】

豊臣秀吉ゆかりの寺社が並ぶ「正面通(しょうめんどおり)」は、大和大路通(やまとおおじどおり)から千本通(せんぼんどおり)までの東西の通りで、その名前の由来は(   )の正面にあたるからである。

ア.西本願寺

イ.東本願寺

ウ.方広寺

エ.八坂神社

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

方広寺

方広寺(ほうこうじ)


豊臣秀吉が建立した方広寺

豊臣家が滅ぼされるきっかけとなった

鐘のあるお寺として、知られています。


秀吉の死後

息子の秀頼が邪魔だった

徳川家康は

豊臣を滅亡させる為の大義名分を探していました


『国家安康 君臣豊楽』という字

そこで秀頼が寄進した鐘に書かれていた『国家安康 君臣豊楽』という字に対して

家康は

「家康の名前を二分し、豊臣を君主とするという意味ではないのか?」

という難癖をつけて大坂城に攻め入ったという訳です。

※詳しくは、方広寺の記事をご覧ください。


それでは、第3問目に行ってみましょう。

【問題】

足利尊氏が夢窓疎石(むそうそせき)を開山として創建した(   )は、足利将軍家の菩提寺であり、境内には芙蓉池(ふようち)と称される池泉回遊式庭園がある。

ア.鹿王院

イ.東海庵

ウ.東林院

エ.等持院

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

等持院の入り口

等持院(とうじいん)


足利尊氏は室町幕府・初代将軍として有名ですよね。

夢窓疎石は鎌倉から室町時代に活躍した僧で

天龍寺の初代住職を務めた後

等持院へとやってきました

※国の史跡・特別名称、第1号に選ばれている曹源池庭園(そうげんちていえん)は彼の設計によるものなんですよ。


このお寺の境内には東西に2つの池があり

東の池を心字池(しんじいけ)、西の池を芙蓉池と呼び

この両方の池の中央部に

足利尊氏のお墓があるんですよ。

等持院について詳しくは、等持院の記事をご覧ください。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択肢ではありません

ズバリでお答え下さい!


【問題】

賀茂競馬(上賀茂神社)

吉田兼好(よしだけんこう)の随筆(   )には、法師が木に登って賀茂の競馬(くらべうま)を見物する情景が描かれている。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

徒然草(つれづれぐさ)


吉田兼好は吉田神道(よしだしんとう・神道の流派)で有名な

吉田神社の神官を代々努めた家系の子孫にあたる人なんです。

吉田神社について詳しくは、吉田神社の記事をご覧ください。


随筆とは思った事などを自由に書き記した文章で

現代で言うところのエッセイなんです


彼が手掛けた徒然草は

「つれづれなるままに」という有名なフレーズで始まるもので

枕草子の清少納言、方丈記の鴨長明と並んで

3大随筆に数えられているんですよ


どんな事が書かれているのかと言いますと・・・

木の枝の上で法師が居眠りをしながら

賀茂の競馬を見ています。


それを見た人達は

落ちて死ぬかも知れないのにバカな奴だと罵るんですね。


それを見ていた兼好は

「死は突然に訪れるものであり

今すぐかも知れない

それを忘れて祭を見ている事も同じくらい愚かである。」

と言うと

多くの人が納得し

見物客が多く、入り込む隙も無かったのに

場所を空けてもらえたと記されています。


ちなみに賀茂の競馬は

2人の騎手が左右に分かれて合計6本のレースをし

左の騎手が勝てばその年は豊作になると言われています。

※賀茂の競馬について詳しくは、賀茂競馬 2011(上賀茂神社)、賀茂競馬2010(上賀茂神社)の記事をご覧ください。


という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?