メモ2013-02-03
テーマ:祭り・イベント
関連:武信稲荷神社 / 

節分祭 2013(武信稲荷神社)

こんにちは京子です。

今回ご紹介するのは

2月3日に武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)で行われました

節分祭

節分祭です


武信稲荷神社

坂本龍馬と妻・お龍に縁のある

神社として知られています


龍馬が、お龍に対し

京都で生きている証として

『龍(2人の共通する1文字)』と言う字を

ご神木に彫って彼女に伝えたそうです。


その字を見たお龍が

龍馬の独特な筆跡に気付き

無事に再会する事が出来たと言われているんですよ

※詳しくは、武信稲荷神社の記事をご覧ください。


とってもロマンチックなお話ですよね~


武信稲荷神社

そんな武信稲荷神社で行われる本日のイベントは

豆まきを行う節分祭と

古いお札・お守りを燃やす

古札燃納式(こさつしょうのうしき)です


甘酒

甘酒の接待も行われていましたよ。


それでは早速レポートをしていきましょう。

19時頃に武信稲荷神社へ到着すると

本殿では神事が執り行われ

大祓詞(おおはらえことば)が読まれていました。

※大祓詞は奈良時代から続く祝詞(のりと)の1つで、別名『中臣の祓(なかとみのはらえ)』と言います。


武信稲荷神社では6月や12月の末に

大祓式(おおはらえしき・半年間の罪や穢れを祓う事)を行わず

旧暦の大晦日にあたるこの日に

大祓詞

1年の締めくくりとして大祓詞が奏上されるんですね


その後、神主の方が本殿内で

「鬼は外~!、福は内~!!」

と言いながら豆を撒き

10分程で節分祭は終了しました。


本殿内で豆まきが行われるなんて

とても珍しいですよね~


他にも『豆納箱(まめおさめばこ)』という

少し変わった箱が、本殿前に設置されていましたよ。


福豆

節分祭が終わると福豆を頂く事が出来ましたよ。


詳しい意味合いは分かっていないそうなんですけれど

恐らく2つの意味があると神主の方はおっしゃっていました


1つ目は節分の時に自分の年齢と同じだけの豆を食べますよね

その数だけ神様にも頂いてもらおうという意味


2つ目は自分についた厄を豆に移し

神社に納める事で厄払いをするという意味

だということです


参拝に訪れた方も

名前を書いた紙に豆を包んで

豆納箱へと納めていらっしゃいました

※この豆納箱は、2月2日の夜と3日しか設置されていないそうです。


お祓い

続いて古札燃納式が行われます。

古札燃納式とは神社から頂き

使い終わった古札(お守りやお札、飾り物)などを 焚き上げて無病息災を祈るというものです


舞殿横に積まれた古札にお祓いを済ませると

本殿から頂いた火を点けて焚き上げます。


古札燃納式

暗がりに中、勢いよく燃える炎は

とても幻想的でした


一連の流れは是非、動画でご覧ください。


そんな節分祭が行われた武信稲荷神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

『節分祭』の関連イベント

最寄の交通案内

 阪急電車 京都線 大宮駅(おおみやえき)