メモ2013-01-17
テーマ:その他

洛陽6阿弥陀めぐり

こんにちは京子です!

今回ご紹介するのは・・・

洛陽6阿弥陀めぐり(らくようろくあみだめぐり)です!


京都市内にある

阿弥陀如来像を祀る、6つのお寺を巡るものです


江戸時代中期に

木食上人(もくじきしょうにん・穀物を断ち、木の実を食べて修行に励む僧の事。)で知られる

養阿(ようあ)が発願した事を起源としています。


これに加え、ただ参拝するだけでなく

精霊(故人の霊や魂)に対して

追善回向(ついぜんえこう・自分の善を分け与え、成仏させる事。)を行えば

「自分自身も安らかに、あの世に行ける。」と説いています。


毎月、定められた功徳日を

3年3ヶ月(39回)連続、怠らずに参拝すれば

無病息災・家運隆盛・祈願成就の

ご利益を受ける事が出来ると言われているんですね


功徳日は毎月1回あり

年度によって日付が変わる事はありません。

1月15日・2月8日・3月14日

4月15日・5月18日・6月19日

7月14日・8月15日・9月18日

10月8日・11月24日・12月24日

※1月15日は『初6阿弥陀めぐり』です。この日に南無阿弥陀仏と念じれば、極楽浄土に行けると言われています。


では早速、参拝の順番に沿って

6つのお寺を紹介していきたいと思います!


1番『真如堂(しんにょどう)』

真如堂

住所:京都市左京区浄土寺真如町82


平安時代中期の僧、戒算(かいざん)によって開基されたお寺です

本尊である阿弥陀如来像(重要文化財)は

もともと延暦寺の常行堂にあったものだそうです


うなずきの阿弥陀

通称『うなずきの阿弥陀』と言われ

その姿は、少し首を傾けています。


故事によると

お坊さんが阿弥陀如来像に対して

「修行者を守護して下さい。」と祈願すると

首を横に振り

「全ての人々、特に女性をお救い下さい。」と祈願したところ

首を縦に振ってうなずいたと言われているんですね


2番『永観堂(えいかんどう)』

永観堂

住所:京都市左京区永観堂町48


紅葉の名所としても有名な

永観堂の本尊・阿弥陀如来立像(重要文化財)は

通称『見返り阿弥陀』と言われ

後ろに少し振り返った

独特の姿をしている阿弥陀如来です。


平安時代後期、7代目住職であった永観が

阿弥陀堂で行動(修行)を行っていると

突然、阿弥陀像が壇を下り

永観を先導し始めたそうです。


それに戸惑う永観に対して、振り返ったかと思うと

「・・・永観、遅し。」と伝えたと言われています

※詳しくは永観堂(禅林寺) その1の記事をご覧下さい。


3番『清水寺・阿弥陀堂(あみだどう)』

清水寺

住所:京都市東山区清水1丁目294


世界遺産にも登録されている、京都でも大変人気のお寺です。

ちなみに、阿弥陀堂は

境内、奥の院の手前に建っている朱塗りのお堂です


ここに安置されている阿弥陀如来坐像は

当時、宋でも高い評価を受けていた

天台宗の僧『恵心(けいしん)』の手によるものだそうです。

※清水寺について詳しくは、清水寺 その1清水寺 その2清水寺 その3の記事をご覧下さい。


4番『安祥院(あんしょういん)』

安祥院

住所:京都市東山区五条通東大路東入遊行前町560


別名『木食寺』とも言われ

洛陽6阿弥陀めぐりの発案者である、養阿が再興したお寺です。

彼は庶民に対して、仏の教えを説いて回った他

道路工事などの社会事業にも貢献したと言われています。


ちなみに、本堂に安置されている阿弥陀如来像は

彼自身の手によるものだそうですよ。


5番『安養寺(あんようじ)』

住所:京都市中京区新京極蛸薬師下ル東側町511


恵心が開山した蓮台院を起源とするお寺で

その後、恵心の妹である安養尼(あんように)が住職となり

安養寺と改名しました


本尊である阿弥陀如来像は

『逆蓮華(さかれんげ・倒蓮華)の阿弥陀』とも呼ばれ

台座の蓮華(8枚)の花弁が下向きに咲いている

珍しい蓮華台の上に、阿弥陀如来が立っています


6番『誓願寺(せいがんじ)』

誓願寺

住所:京都市中京区新京極桜之町453


かつて住職であった策伝(さくでん)が

落語の祖と言われている事から

落語発祥の寺として、芸能関係者の崇敬を受けるお寺です


阿弥陀如来坐像

本尊である阿弥陀如来坐像は

高さ4.85メートルと巨大なもので

坐像の周りには

絢爛豪華な装飾品で飾り付けられています。


安置されているお堂も

昭和39年に建て直されている事から

他のお堂に比べて、モダンな印象を受けますね


という事で

6つの寺院を参拝順に紹介させていただきました。


場所はコチラ↓


より大きな地図で 洛陽6阿弥陀めぐり を表示