メモ2013-01-13
テーマ:祭り・イベント
関連:北白川天神宮 / 

御弓神事 2013(北白川天神宮)

こんにちは京子です

今回ご紹介するのは

北白川天神宮(きたしらかわてんしんぐう)で1月13日に行われました

御弓神事

御弓神事(おゆみしんじ)です


毎年、成人式の前日に行われる神事で

舞殿の前に斎場が設けられ

災厄を矢で祓い、この1年の無事を祈ります


御弓神事が行われる北白川天神宮

健康や長寿の神様として知られる

少彦名命名(すくなひこなのみこと)を祀っています。

北白川と呼ばれる場所にあり

時代祭にも登場する白川女(しらかわめ・花売り)発祥の地なんですよ

※白川女について詳しくは、太陽カフェの記事をご覧ください。


元々はここより西へ50メートル程離れた場所にありました。

現在の場所になったのは

室町幕府8第将軍である足利義政が銀閣寺を造営する際に

どうしても馬が暴れる場所があるので調べてみた所

神様を祀る祠がある事が判り

都の鬼門に位置する千古山(せんこうやま・現在の地)に改めて祀られたからなんです


通常、南に向けて建てられる事の多い本殿ですけれど

北白川天神宮の本殿は珍しく真西に向けて建てられています。


北白川天神宮

それでは早速レポートして行きましょう。

11時頃、境内に到着すると

関係者一同

「ござった、ござった、お的がござった。さんやれ、さんやれ、祝ってさんやれ」

と太鼓を鳴らしながら、幣や的を持った5人が

鳥居から山の上にある本殿へと向かいます

※「さんやれ」とは「幸あれ」という意味なんだそうですよ~



20メートル程の階段を上り終えると

的をセットし、弓を本殿に奉納します。


斎場に設置された椅子に関係者が全員座ると

厳粛な空気の中

神事の始まり

いよいよ神事が始まります


代表者による始まりの挨拶が行われ

参拝

本殿や本殿横の八幡社に参拝を済ませると

斎場を清めます。


弓矢

使用される弓矢です。


その方法は少し変わっていて

的から約10メートル離れた場所に敷かれたござの上で

斎場を清めます

「エーイ!」という掛け声のもと

弓矢を東西南北の方向にそれぞれ振り下ろします


他の神社では見かけない

珍しい方法ですよね~


本殿前で一礼

その後、弓矢を持って本殿前で一礼すると

宮司の方に渡します。


弓矢を受けとると、宮司は

その年の恵方(今年は南南東)と、その逆方向の方角へ

矢を放ちます

最後の3本目は的へと

合計3方向に矢を放ちます


この時の作法がとっても変わっていて

弓に矢をセットしたと思ったら

体を左右にくねらせてから矢を放ちます

古くから伝わる伝統的な作法なんだそうですよ。


狂津日神祓去

ちなみに的の裏には

『狂津日神祓去(まがつひのかみのばっきゃく)』と書かれたお札が貼られています。

この狂津日神は一般的に

災厄の神『禍津日神(まがつひのかみ)』として知られています。


つまり災厄の神様を

矢で射る事により厄払いをするという意味があるんですね


御神酒とお米

最後に御神酒とお米が関係者へ配られると

『鶴亀(天下泰平や長寿を願った謡曲)』の一部が

宮司の方によって謡われ

約40分程で神事は無事に終了しました。


厳粛な空気の中、行われました御弓神事の様子は

是非、動画でご覧ください



そんな御弓神事が行われた北白川天神宮の場所はコチラ↓


大きな地図で見る