メモ2012-12-06
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その119

こんにちは京子です!

京都検定の試験まで

残すところあと3日となりました。

受験される方はラストスパートですね


という事で

本日も京都検定の過去問を出題させていただきます。

是非チャレンジしてみてくださいね


では1問目!


【問題】

平安遷都以降、賀茂社(上賀茂神社・下鴨神社)と共に王城鎮護の神となり、また酒の神として信仰を集めている神社はどこか。

ア.岡崎神社

イ.熊野神社

ウ.松尾大社

エ.建勲神社

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

松尾大社

ウ.松尾大社

もとは渡来系の民族であった秦氏の

氏神として701年に創建された神社です


松尾大社

この秦氏は高度な技術を持っていて

織物や絹の製造の他にも

お酒造りに精通していた事から

松尾大社は『酒の神様』として信仰を集めているんですね

※松尾大社に関して、詳しくは松尾大社 その1松尾大社 その2松尾大社 その3の記事をご覧下さい。


では続いて2問目です!


【問題】

鬼の法楽

紫式部の邸宅跡と伝えられ、「鬼の法楽(ほうらく)」の名で知られる寺院はどこか。

ア.来迎院(らいごういん)

イ.廬山寺(ろざんじ)

ウ.清閑寺(せいかんじ)

エ.頂法寺(ちょうほうじ)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

廬山寺

イ.廬山寺

廬山寺で毎年2月3日に行われる『鬼の法楽』に

登場する3匹の鬼たちは、人間の煩悩である

『貪欲』『怒り』『愚痴』を表現しています。

季節の代わり目で、1年の節目である節分の日に

これらの鬼(つまり煩悩)を追いやり

立春を迎えましょうという意味が込められています


鬼の法楽については過去にレポートしていますので

追儺式鬼法楽 2012(廬山寺)

追儺式鬼法楽 2011(廬山寺)

を是非、ご覧下さい。


続いて3問目です!


【問題】

三室戸寺

第10番札所の三室戸寺には、『源氏物語』宇治十帖の(  )の石碑がある。

ア.早蕨(さわらび)

イ.宿木(やどりぎ)

ウ.浮舟(うきふね)

エ.夢浮橋(ゆめのうきはし)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

浮舟

ウ.浮舟

源氏物語は紫式部によって書かれた

平安時代の物語です。


特徴的なのが、その長さであり

54帖に分けられた物語は大きく3部構成となっています


その3部のラストを飾るのが

宇治を舞台とした『宇治十帖(うじじゅうじょう)』であり

『浮舟』は、この宇治十帖に登場する女性の1人で

恋に苦悩する姿が描かれています。


では最後の問題です


1級からの出題になりますので、ズバリでお答え下さい。

【問題】

泉涌寺

泉涌寺には、(   )が詠んだ「夜をこめて鳥のそらねははかるともよに逢坂の関はゆるさじ」の歌碑が立っている。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

清少納言

彼女は宮中に仕え、晩年は尼となり

泉涌寺のあたりでひっそりと暮らしていたと伝わります


句碑

ちなみに歌の意味は

「朝にならなければ開かない関所。

鶏の鳴き声を真似て(朝だと騙して)開けようとしても

逢坂の関は開かないですよ!甘い甘い。」

と歌ったものなんですね。


という事で本日も4問出題させていただきました

皆さんは何問正解されましたか?