メモ2012-11-22
テーマ:祭り・イベント
関連:広隆寺 / 釿始め 2013(広隆寺) / 

聖徳太子御火焚祭 2012(広隆寺)

こんにちは京子です!

今回ご紹介するのは

11月22日に広隆寺で行われた・・・

聖徳太子御火焚祭

聖徳太子御火焚祭(しょうとくたいしおひたきさい)です


年に1度、本堂の『聖徳太子像』が開帳される日に合わせて

参拝者から寄せられる

願いの書かれた護摩木を山伏(やまぶし)が焚き上げます

※山伏は験(しるし・霊力の一種)を身につける為に、山にて厳しい修行をしている人達の事です。

護摩壇

こちらの護摩壇に護摩木を入れて燃やします。

広隆寺に関して、簡単にご紹介しますと

603年に聖徳太子が

この地(太秦・うずまさ)の地方豪族であった

秦河勝(はたのかわかつ)に仏像を与えた事により

蜂岡寺(はちおかでら・広隆寺の古称)が建てられた事を

起源とするお寺なんですよ

広隆寺について詳しくは『広隆寺』の記事をご覧下さい。


聖徳太子御火焚祭

では早速レポートしたいと思います

13時より、まずは本堂にて法要が行われます。

本堂

本堂へ向かうお坊さん達。

住職さんをはじめ、お坊さん達が中へと入り

お経が上げられます。

法螺貝を吹く山伏

約30分程の法要が終わると

本堂の表で法螺貝を吹く山伏と合流し

隊列を組み、薬師堂前に組み上げられた

護摩壇へと移動します

山伏達は結界内に入ると

護摩壇に火を点ける前に

いくつかの作法を行い、邪気を祓います。


法斧の儀

『法斧(ほうふ)の儀』

斧は護摩壇を作る仕草を模したものです。

法斧の儀

辺りをキョロキョロと見回していたのは、護摩壇に使う木を探している仕草なのかもしれませんね。


法弓の儀

『法弓(ほうきゅう)の儀』

護摩壇の東西南北と護摩壇、そして鬼門の方角に矢を放ちます。


法剣の儀

『法剣(ほうけん)の儀』

臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・在・前と

九字(くじ・呪文の一種)を唱えながら、素早く剣先を動かします。


以上までを動画でご覧下さい。


これらが終わると住職より

願文(がんもん・神仏に祈願を伝える文書)が読み上げられます。

そして、いよいよ護摩壇に点火されます

祭壇に灯された炎を

一度、2本の松明に移してから火を点けます

護摩壇

徐々に煙が上がったと思うと

あっという間に

目の前が真っ白になる程の煙が

辺りを包み込みます!


聖徳太子御火焚祭

続いて、山伏の方が護摩木を入れ始めると

導師(どうし・リーダー)が乳木(にゅもく・護摩木の一種)を

護摩壇に向かって放り投げるなど

独特の作法を行いながら

1時間以上をかけて護摩木を燃やしていくんですね

ちなみに、この日は聖徳太子像の他にも

霊宝殿にて薬師如来像も1日限りでご開帳しているんですよ。


願文の奏上から護摩木を燃やすまでを動画でご覧下さい。

そんな聖徳太子御火焚祭が行われた

広隆寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京福電車(嵐電) 嵐山本線 太秦広隆寺駅(うずまさこうりゅうじえき)