メモ2012-11-10
テーマ:祭り・イベント
関連:白雲神社 / 

火焚祭 2012(白雲神社)

こんにちは京子です。

今回、ご紹介するのは11月10日に

白雲神社で行われた・・・

火焚祭

火焚祭です

京都を中心に、多くの神社で行われる火焚祭は

秋の収穫に感謝すると供に

参拝者の願い事が書かれた護摩木を燃やして

五穀豊穣、家内安全を祈願します


白雲神社

白雲神社についても簡単にご紹介しますと

京都御苑内にある神社で

藤原氏の流れを汲む公家『西園寺家(さいおんじけ)』ゆかりの神社です。

西園寺家の祖と言われる西園寺公経(さいおんじきんつね)は、鎌倉時代に太政大臣を務めたほどの人物なんですよ。


この白雲神社の地は

西園寺家の私有地だったもので

明治期には西園寺公望(さいおんじきんもち)が

この地に私塾『立命館』を開校した事でも知られています。

白雲神社について詳しくは白雲神社の記事をご覧下さい


では早速レポートしてみましょう

本殿

13時より、祭典が本殿にて始まり

まず最初に、神職の方によって

お祓いや祝詞の奏上などが行われます


この後、玉串の奉納を行うと

皆さんが本殿から出て来られます

そして、隣にある境内摂社の

『福壽稲荷神社(ふくじゅいなりじんじゃ)』に移動し、お火焚を行います。


火床

お火焚で燃やされる火床(護摩木を積み上げた物)も

すでにセットされていますね

それぞれの高さは40センチ程でしょうか。


福壽稲荷神社

参列者や火床にもお祓いを行い

米や塩を振り撒き、お清めをします。

そして

ご神火を使い、火が点けられます。


この時に

参列者全員で大祓詞(おおはらえことば)を奏上します。

これらの作法は『火焚祭』ではよく見ますね。

これまで見た伏見稲荷神社や貴船神社

お火焚でも、同様の事をしていましたよね♪

※詳しくは火焚祭 2012(伏見稲荷大社)、御火焚祭 2012(貴船神社)の記事をご覧下さい。


神楽

続いて、白雲神社の本殿に戻り

今度は巫女さんによる神楽が奉納されます

『榊の舞』や『剣の舞』を行い

最後に、鈴と扇を使った舞も披露されていました


こうして約20分程の舞が終了すると

参拝者に向けて、鈴でお祓いしてくれます。

そして、最後には『湯立神事』もありました。

湯立神事は、釜の中の煮えたぎった湯を

笹を使い、振り撒く神事です。

こうしてお祓いを行います。


湯立神事

ちなみに、このお湯を浴びれば

無病息災で過ごせると言われているんですよね


煮えたぎった釜の前に女性が立ち

お酒やお米、塩などで清めた後

笹の葉を使って豪快に

湯を振りまいていましたよ~っ


神事が終了すると

参列者の皆さんは、使い終わった笹の葉を

持って帰っていらっしゃいましたよ


そんな白雲神社で行われた火焚祭の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京都市営地下鉄 烏丸線 丸太町駅(まるたまちえき)