メモ2012-09-30
テーマ:祭り・イベント
関連:瀧尾神社 / 新嘗祭・火焚祭 2012(瀧尾神社) / 例祭 2015(瀧尾神社) / 

神幸祭 2012(瀧尾神社)

こんにちは京子です

今回ご紹介するのは

瀧尾神社

9月30日に瀧尾神社(たきのおじんじゃ)で行われた・・・

神幸祭

神幸祭(しんこうさい)です

瀧尾神社の神幸祭では

祭神の御霊を乗せた神輿が

新熊野神社の前で

差し上げ(神輿を高く担ぎ上げる事)を行い

激しく神輿を揺らしたり

泉涌寺の境内で奉納が行われる祭です


しかし、今回は台風の影響で

こうしたイベントも変更になった点が

多々ありましたけれど

祭自体が無くなったわけではありませんので

その様子をレポートしたいと思います


ちなみに瀧尾神社について

簡単にご説明しますと

大丸百貨店を創業した『下村彦右衛門(しもむらひこえもん)』による

崇敬を受けていた神社で

彦右衛門は毎朝

行商へ行く途中、欠かさず瀧尾神社に参拝していました

大丸が事業として大成功した事もあり

現在にいたるまで

大丸によって社殿の造営・修復などが行われています。


舞殿の龍

舞殿の天井には全長8メートルの巨大な龍がいるんですよ色がついていないのは、かつて江戸幕府より奢侈禁止令(しゃしきんしれい・贅沢禁止令)が出ていたからだそうです。派手にする事が禁止されていたんですね。


朝10時に到着した京子!

本来であれば

長さ25mの龍をダイナミックに演舞させる『龍舞』が

披露されるのですが

今回は台風の影響で中止となりました。

※この他にも剣鉾も通常であれば渡御に参加する予定ですが、こちらも取り止めとなりました。


本殿

本殿には、お供え物がしてありましたよ。


宮司さんによる祝詞

という事で

まずは、神輿の前で

宮司さんによる祝詞(のりと)奏上が行われ

纏

次に『纏(まとい)』が披露されました

江戸時代、町の火消(ひけし)が自分達の組を示す為に用いたものです。

纏は上部に組を示す名前が書かれ

馬簾(ばれん)と呼ばれる飾り(回すとヒラヒラとなびく飾りの事です)が付いています。


鳴閂(なりかん)

神輿を担ぐ木(轅・ながえ)の前後先端に取り付けられる『鳴閂(なりかん)』です。神輿が揺れる事によって、カシャンカシャンと音が出ます。瀧尾神社の神輿には龍があしらわれていましたよ。


この後、女神輿が11時に鳥居をくぐり出発します

続いて本神輿もすぐにスタートしました。


どちらに向かったのかと言いますと

新熊野神社

新熊野神社(いまくまのじんじゃ)です。

神輿

こちらの前で2基の神輿が

差し上げを行い、激しく神輿を揺らします。


神輿

新熊野神社前の女神輿。


宮司の拝礼

宮司の方も拝殿にて拝礼されていました。


その後、台風の影響を考慮し

巡行ルートが変更になり

泉涌寺交差点での差し上げや

泉涌寺への巡行も取り止めとなりました

という事で神輿は

休憩を挟んだ後、瀧尾神社へと戻ります。


帰りは西側の鳥居より境内へと入ります

中で神輿の差し上げをして

何度も神輿を揺らし、13時半に

神幸祭は無事終了しました~。


雨によって皆さんびしょ濡れになりながらも

立派に神輿を担いでいらっしゃいました~。

お疲れ様でした


そんな神幸祭が行われた瀧尾神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 JR 奈良線 東福寺駅(とうふくじえき)
 京阪電車 京阪本線 東福寺駅(とうふくじえき)

1 ■はじめまして・・

はじめまして、初めてブログ拝見させて頂きました。これだけ勉強されて、丁寧にまとめあげておられる。また、各所へきちんと足を運んでの取材、本当にマメで感服しました。
本当に京都が好きなんですね。
私なんて京都生まれの京都育ちでも、全然知らない事が多すぎて、逆に恥ずかしいくらい・・
実は、ちょくちょく神輿を担がせてもらってます。
勿論 瀧尾さんもお邪魔してましたよ。
これからもちょくちょく覗かせてもらいますね~。

まるおさん 2012-10-04 11:50:02

2 ■Re:はじめまして・・

>まるおさん
こちらこそ始めまして!
あの日は雨と台風の影響で、思い出に残る1日となりましたо(ж>▽<)y ☆
でも、やっぱり来年は神輿に龍にオールスターで見てみたいですねっ。
是非、これからも読んでいただければ幸いです♪よろしくお願いします。

京子 2012-10-05 01:07:02