メモ2012-09-26
テーマ:祭り・イベント

嵯峨墓所祭 2012(嵯峨墓所)

こんにちは京子です!

今回ご紹介するのは

嵯峨墓所

9月26日に嵯峨墓所で行われた・・・

嵯峨墓所祭(さがぼしょさい)です

嵯峨墓所

誰のお墓かと言いますと

陰陽師で知られる『安倍晴明』のお墓なんですね。


こちらのお墓は嵐山に位置し

京都市上京区にある晴明神社の飛び地境内になります

※嵯峨墓所は晴明神社から西に5~6キロほどの場所にあります


嵯峨墓所祭は

彼の命日、9月26日に合わせて

嵯峨墓所前で祝詞が奏上される祭典です


石板

安倍晴明について書かれた石板


近年、本や映画などで

広く知られる事となった安倍晴明は

平安時代の陰陽師です。


陰陽師とは

中国から伝わった陰陽思想に基き

星や雲の動きを観察し

異変の予知や、吉凶などを占う人の事を言います


彼は6代もの天皇に仕える程、信頼度が高く

後世にまでその名が伝えられています


嵯峨墓所祭

9時に到着した京子。

晴明神社より神職の方も到着し

お墓の前にお供え物が用意され

粛々と神事が行われました。


お祓いに始まり、祝詞奏上、玉串奉納と続き

時間にして20分ほどで終了です。


ちなみに安倍晴明のお墓は

晴明神社の手によって

天龍寺の塔頭『寿寧院(じゅねいん)』から

現在の嵐山の地へと1972年に移されたそうですよ


墓石と五芒星

墓石や、それを取り囲む石柱には

『五芒星(ごぼうせい)』が刻まれています。

晴明紋とも言われるこの星形のマークは

魔除けの呪符と言われています。


そして安倍晴明は『五行』の象徴として

五芒星を使っていたそうです。

五行とは『木・火・土・金・水』の5つの元素を指し

五行思想と言われる考え方によれば

この世界は

木(樹木)、火(炎)

土(万物を育む土)、金(金属・鉱物)、水(水分)

から出来ていると言われているんですね


つまり、五芒星とは

これら五行の相関図を表現しているというワケなんですね


そんな安倍晴明の命日に合わせて

嵯峨墓所祭が行われた『嵯峨墓所』の場所はコチラ↓


大きな地図で見る