メモ2012-08-29
テーマ:お寺
関連:廬山寺 その1 / 追儺式鬼法楽 2011(廬山寺) / 追儺式鬼法楽 2012(廬山寺) / 

廬山寺 その2

こんにちは京子です

今回ご紹介するのは

桔梗

桔梗(ききょう)で有名な・・・

廬山寺

廬山寺です

京都御所にも程近いこの場所には

かつて

源氏物語の作者『紫式部』の邸宅があったんですね。


この事から

廬山寺のお庭は『源氏庭(げんじてい)』と名付けらました

その源氏庭において

現在、綺麗な桔梗が花を咲かせています


桔梗

庭には出る事が出来ないので、お堂の縁側からゆっくりと眺めます。


白砂と苔によって構成されたお庭で

白砂が『庭に浮かぶ雲』を表現しています。

桔梗

苔の部分に青紫の桔梗が咲き

庭全体の彩りを豊かにしていますね


紫式部邸宅址と書かれた石碑

源氏庭の石碑には『紫式部邸宅址』と書かれています。


雲間に咲く桔梗は、まるで異空間っ

源氏庭では、咲き始めの6月下旬から

見頃の9月末にかけて

長期間、桔梗を楽しむ事が出来るんですね。


紫式部邸宅址と書かれた石碑

つぼみの状態が風船に似ている事から、英名はバルーンフラワーと言うそうですよ。


ちなみに、どうして桔梗なのか?と言いますと

源氏物語の『朝顔』という巻に由来しています

この頃の朝顔の花は、今でいう桔梗の事を指すそうで

この事から、源氏庭に桔梗が植えられているというワケです


源氏物語誕生の地に咲く桔梗には

こうした意味があったんですね~。


ちなみに、桔梗が素敵な京都のお寺は

この廬山寺の他に

大徳寺の境内塔頭である『芳春院(通常非公開)』や

東福寺の境内塔頭『天得院(通常非公開)』が有名だそうです


廬山寺についても簡単にご説明します。

本堂

源氏庭のある本堂は

江戸時代後期に光格天皇(こうかくてんのう)によって

仙洞御所(せんとうごしょ・退位した天皇が過ごす建物)の一部を寄進し

再建されたものです


元三大師堂

こちらは『おみくじお坊さん』で知られる

元三大師(がんざんたいし)が祀られている元三大師堂です。

彼について詳しくは廬山寺 その1の記事をご覧下さい。


追儺式鬼法楽

この他にも、廬山寺では

節分の際に行われる『追儺式鬼法楽(ついなしきおにほうらく)』が大変有名です

過去にレポートした記事もあるので

よければ、そちらもご覧下さい

追儺式鬼法楽 2011(廬山寺)追儺式鬼法楽 2012(廬山寺)


この他にも見所として

お庭の東側には、秀吉の建てた『御土居跡(おどいあと)』がある他

有名な仏師である『定朝(じょうちょう)』のお墓もあるんですよ


足を運ばれた際は

是非、チェックしてみて下さいね。


そんな廬山寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京阪電車 京阪本線 出町柳駅(でまちやなぎえき)
 市バス 205系統 府立医大病院前(ふりついだいびょういんまえ)