メモ2012-08-28
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その86

こんにちは京子です!

今回も京都検定の過去問を出題させていただきます。

今年、受験される方はぜひチャレンジしてみて下さいね


では第1問目です

【問題】

風神雷神図屏風

俵屋宗達(たわらやそうたつ)の代表作「風神雷神図」(国宝)がある寺院はどこか。

ア.妙心寺

イ.天龍寺

ウ.相国寺

エ.建仁寺

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

エ.建仁寺(けんにんじ)

建仁寺は1202年に

お茶を初めて日本に持ち帰った栄西(えいさい)というお坊さんが

臨済宗の拠点として開山したのが始まりなんですよ~

風神雷神図は

江戸初期の画家『俵屋宗達』に描かれた巨大な屏風で

建仁寺の堂内にて

美しくライトアップされて展示されています

※詳しくは建仁寺の記事をご覧ください。


続きまして2問目です!

【問題】

かにかくに歌碑

祇園新橋の白川のほとりに「かにかくに…」という歌碑がある。この歌を詠んだのは誰か。

ア.西田幾多郎

イ.与謝野晶子

ウ.吉井勇

エ.谷崎潤一郎

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

ウ.吉井勇(よしいいさむ)

歌の全文は

「かにかくに 祇園はこひし寝るときも枕のしたを水のながるる」と書かれていています。

『かにかくに』とは『とにかく』という意味で

訳してみると

「とにかく祇園は恋しいんだよね。だって、こうして寝ていても

俺の枕の下からは川の水が流れる音が聞こえてくるよ

と言っているんですね


吉井勇は明治から昭和にかけて活躍した歌人で

1909年には北原白秋らと文芸誌『スバル』を創刊しています

※詳しくはかにかくに祭の記事をご覧ください。


続いて3問目にいってみましょう!

【問題】

淀城主永井尚政(ながいなおまさ)が再興した寺院で、宇治十二景の一つに数えられるのはどこか。

ア.酬恩庵(しゅうおんあん)

イ.興聖寺(こうしょうじ)

ウ.三室戸寺(みむろとじ)

エ.萬福寺(まんぷくじ)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

興聖寺

イ.興聖寺

永井尚政は徳川秀忠の側近であり

大阪の陣で活躍した江戸前期の大名です

興聖寺は鎌倉時代の僧『道元』によって建てられますけれど

後に荒廃し

1649年に永井尚政によって再興されました

紅葉の名所としてしられる参道は『琴坂(ことさか)』と言われ

宇治十二景の1に数えられています


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択肢ではありません。

ズバリでお答えください

【問題】

南禅寺の三門

寛永5年(1628)再建された南禅寺の三門は、誰の寄進によるものか。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

藤堂高虎(とうどうたかとら)

南禅寺は武家と関わりが深いお寺で

徳川家臣であった藤堂高虎が

応仁の乱で一度は燃えた三門を再建しました


彼は建築技術に長けていたそうで

数々の城を築城した人物として知られています

ちなみにこの三門は伝説の大泥棒

石川五右衛門(いしかわごえもん)が

「絶景かな、絶景かな」

ここから都を一望した時の台詞が有名ですよね

※詳しくは南禅寺 その1南禅寺 その2の記事をご覧ください。


という事で今回も4問出題させて頂きました。

皆さんは何問正解されましたか?